火ノ丸相撲 114話のネタバレと感想!準決勝はダチ高ー鳥取白楼


週刊少年ジャンプで好評連載中の漫画「火ノ丸相撲」!

前回は天王山だった個人戦で久世と天王寺が対戦!

両者覚醒しガチンコの戦いを演じましたが制したのは

なんと久世草介!

絶対王者である天王寺が敗れるという波乱・・・

しかし、この戦いで両者が手に入れたものは・・・

詳しくは

火ノ丸相撲 113話のネタバレと感想!まさか天王寺が・・・

をご覧下さい!

では早速火ノ丸相撲114話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link




火ノ丸相撲114話のネタバレ

インターハイ3日目

会場はすでに大入りで凄まじい込み具合・・・

その観客の目当てはもちろん・・・

土俵に貫録と共に鎮座する久世草介・・・

絶対王者天王寺に勝った久世に相撲ファンは熱い視線を送ります。

その久世の取り組みを見守るダチ高の面々・・・

國崎「ったく、天王寺との一戦で力の出し方を覚えたか・・・さらに強くなっちまったぜ・・あの野郎・・・」

桐仁「だから嫌だったんだよ・・・あの二人が当たるのは・・・」

何が嫌って・・・あの一戦で生まれた怪物は多分・・・勝った方だけじゃないってことだ・・・

Sponsord Link



天王寺率いる鳥取白楼の試合も始まります・・・

その強さで圧倒する白楼・・・全く相手を寄せ付けず・・・

4連勝・・・全く危なげない試合運びに王者の余裕すらうかがえます。

天王寺の敗戦は少なからずチームに動揺を与えたはずなのに・・・全くブレない相撲を見せる鳥取白楼・・・

そして・・・久世に敗戦を喫した天王寺が大将として登場してきます。



物々しい雰囲気に包まれる場内・・・

会場中が敗戦を喫した天王寺がどんな相撲を取るのか・・・

昨日の敗戦の影響は・・・

注目の中取り組みが始まろうとしています。

記者の名塚は・・・

あの一戦はただの敗戦じゃない・・・

高校無敗のチャンピオンが持てる全てを出し尽くし、さらにその上をいかれた・・・中学以来の完敗・・・敗戦後の彼を直撃したけど結局一言も発さぬまま会場を後にした・・・

やはり平静でいられるわけがない・・・相撲はメンタル・・・

「心」のありようが、勝負に大きく影響する競技・・・

あの敗戦をきっかけに大崩れすることもない話じゃない・・・



火ノ丸「・・・・その程度なら苦労はしねぇよ」



会場で天王寺の試合を見つめていた火ノ丸・・・名塚を同じことを考えていたかの様なコメントを発します。



いよいよ、天王寺の取り組みが始まります。

はっけよい・・・

にらみ合う両者・・・

しかし・・・

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする