外道の歌 2巻15話のネタバレと感想!新章突入!


爆発的な大ヒットの漫画「外道の歌」!

前回で真理江編が完結して、今回からは新章に突入!

前回詳しくはこちら!

外道の歌 2巻14話のネタバレと感想!前野が選んだ結末は?

をご覧ください!

では、早速外道の歌15話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link




外道の歌2巻15話のネタバレ

「おはよう、磯次郎」

とペットのカエルに餌を上げる華奢な優男・・・

餌のバッタをペットに与えながら、闇のある表情を浮かべています。

乱雑で整理されていないデスクから立ち上がると、着替え始める男。

着替えを済ませて、身支度を整えると・・・

「行ってきます!磯次郎」

男は出かけていきます。

Sponsord Link



向かった先は漫画の編集社・・・

今日も男は持ち込まれた漫画のネームのチェックをしていて・・・



「うーん・・・この間も言ったと思うけど、主人公の行動の目的というか、行動の動機が分かりづらいんだよなぁ・・・だから感情移入できなくて、見せ場のシーンも今一つ盛り上がらない・・・

後、何が起きているのか・・・何考えてるのか・・・説明しすぎな気がするね。セリフやモノローグで全部言わせちゃってるから情報過多でなんだか野暮ったい」



散々ダメだしされた男も表情も冴えませんが・・・

ふと

「園田さんの指・・・すごく大きなペンだこがありますね。僕のより全然大きいですよ!」





ペンだこに気が付かれ、ちょっと暗い顔をする園田ですが・・・すぐに表情を変えて笑顔に戻り、

園田「まぁ・・・仕事柄、ペンを持つことが多いからね~」

何かを誤魔化す園田・・・



そして打ち合わせを終えた後のトイレで・・・

用を済ませて手を洗っていると、ドアの前にネームを持ち込んだ男が通せんぼするかの様に立っていました。

その男の異様な目つきを見て園田は・・・

「君、ひょっとしてさ、男の人が・・・」

初心な表情を見せる男・・・そして園田はそっとその男に近づいていき、キスをします。



急いでベルトをガチャガチャさせだす男・・・

「個室に入りましょう」

もうすでにその気です。

しかし、園田は

「ごめん、僕そういうんじゃないんだ・・・ちょっとした取材だよ」

そう笑顔で告げるとトイレから出て行く園田・・・・

最後に振り返り、「ネームの直しが出来たら連絡してね」そう言い残して立ち去ります。



そしてその日の退社時刻・・・

園田が編集部を出ると、外には先ほどの男が待ち構えていました。

いきなり

「好きです。フェ○させてください」

と言い放つ男に、ちょっと闇の深い目をする園田・・・

しかし、すぐに表情を戻して、

「・・・いいねぇ・・・ネームがキレてるよ!うん!その調子で面白いの書いてきて!」と冷静に対処して立ち去ります。

しかし・・・

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする