エリアの騎士 478話のネタバレと感想!傑の時間支配!



週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「エリアの騎士」

駆に兄傑が降臨し凄まじいプレーを見せる中、ついにゼッケンドルフの牙城を攻略したオリンピック日本代表!

点差はまだ2点・・・果たして追いつけるのか!

前回のネタバレは

エリアの騎士 477話のネタバレと感想!五輪日本代表の反撃!

をご覧ください!

では、早速エリアの騎士478話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link




エリアの騎士478話のネタバレ

傑の活躍と荒木のゴールでやっと一点返すことに成功したオリンピック日本代表!

飛鳥「駆、すごいプレーだったな!何かひらめきがあったのか?」

何もしらない飛鳥が駆(傑、以下傑)に話かけます。

傑「・・・、飛鳥さん、マテウスは速いけど案外足元は緩い。解くに利き足の右にボールがある瞬間を狙えば、飛鳥さんなら奪える可能性が高いです」

飛鳥「・・・?わ、わかった・・・心掛けてみよう」

傑「お願いします」と笑う傑

そんな傑に飛鳥は・・・

あれが駆?全く別人だ・・・強いて言うなら

逢沢傑・・・

まさかな・・・兄弟だからって・・・・

Sponsord Link



試合が再開され、倉知から再びマテウスへ・・・

飛鳥はここでも冷静に対応し、傑に言われた通り

右を・・・狙え!

飛鳥の狙いに気が付かないマテウスは

「随分積極的なディフェンスだな・・・なめるなよ」と持ち前の高速のボディフェイントを披露・・・しかし・・・

飛鳥「・・・」

確かに凄い切り替えしの速さだが、駆の言う通り右足への注意力が散漫だ



と飛鳥がマテウスを攻略!

ボールを奪った飛鳥がボールを出す先は・・・

荒木か・・・

それとも四季・・・いや・・・駆だ!

と前線にロングフィード!

傑の中では駆が

「すごいや!兄ちゃんの言う通りになっちゃった」

”飛鳥さんならあのくらい当たり前だ。いいか駆!強敵が相手の場合、パスコースなんてものは一瞬で閉じられる!ならどうすればパスを通せるか・・・

空間だけでなく、時間も支配するんだ!”

駆「時間を支配?先を読んで敵を操るって事?祐介みたいに・・・」

”先の読み合いでゼッケンドルフに勝てる奴はいない”

駆「じゃあ、どうやって!」

”時間を止めるんだ!”

ドリブルでどんどんフランクフルトの選手をかわし敵陣に侵入していく傑



「これ以上好きにさせるかぁ!」

フランクフルトのDF陣も必死に傑のマークについてきます。

しかし、ここで四季のパス!

そしてその四季と並走するかのようにポジションを取り、

傑「こい!ハル!」

逆サイドからは荒木、そしてバイタルからペナルティエリアを狙うツートップが傑のパスを待ちます。

特に鷹匠は・・・

”こい!傑!必ず決めてやる!”

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする