ドメスティックな彼女 117話のネタバレと感想!モモと桜坂


週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「ドメスティックな彼女」

前回は、夏生とルイにそれぞれ振られたアルとモモが

慰め合っていて、夏生達と絶交することになってしまうかも・・という展開でしたが・・・

詳しくは

ドメスティックな彼女 116話のネタバレと感想!モモとアルは夏生に

をご覧ください!

最新118話が発表されました!
ドメスティックな彼女 118話のネタバレと感想!陽菜帰還で・・・

では、早速ドメスティックな彼女117話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link


ドメスティックな彼女117話のネタバレ

必死にスマホで何かを打ち込む桜坂・・・

その中身は・・・

”モモ先輩

ご機嫌いかがですか?

あれからどんな思いで日々を過ごされているか心配しております

少しでも先輩のお心をお慰めできたらと思いますので、もしよろしければお茶でも・・・”



硬いか・・・



”モモ先輩!

調子はどうすっか!

この間はなんか生意気なこと言っちゃってすみません!今日もしヒマなら気分転換に美味しいものでも食べにいきません?”



いくら何でも軽いか・・・

なんかもっとこう・・・いい湯加減的な誘い方を・・・



とあれこれ一時間ほど悩んだ桜坂は・・・

「よし、これなら大丈夫だろ」と決まった文面に満足し、

いざ送信ボタンを押そうとすると・・・

あれ・・・・?反応しない?

ん?あれ?おい

ここでフリーズするかフツー!!!

Sponsord Link



その頃モモは・・・

大量の買い物をし、憂さ晴らしをしていましたが・・・

こんなに買ったのに・・テンション上がんない・・・映画でも見よっかなぁ・・・

そんなことを考えていると・・

「ねーねー」

と軽薄そうな男二人組に声をかけられます。

「一人?」

「ヒマだったら俺らと遊ばない?」

「すげー荷物だね・・・良かったら俺ら持つし」

浮かない顔のモモは

「どうしよっかなぁ・・・どうせヒマだし」

「あ、だったら」

と男が言ったところで、モモの手首の傷が目に入ってしまいます。

一気に引く男二人・・・

「あ、そうだ・・・俺ら用事思い出したわ・・・ごめんごめん」と慌てて去っていきます。

その男性の態度から

モモ「ああ・・・」と自らの手首を見ます。

そして、その手首を見て引かなかった夏生を余計に思い出してしまいます。



夏生くん・・・

夏生君・・・

隣に夏生が座っている妄想をして、キスしてくれる夏生を思い浮かべるモモ・・・



さらにその頃夏生とルイは・・・

キスを交わしていました・・・ルイはバイトの制服を着ていて・・・

夏生「なんか・・改まってすると・・・照れんな・・・」

ルイは時計を見て

ルイ「15時48分・・・

夏生「何?」

ルイ「付き合って初めてのキスだから・・・日にちと時間メモッとこうと思って・・・そうしたらメモみたら今の事ハッキリ思い出せるでしょ

可愛い事を言うルイに顔を赤らめる夏生・・・

夏生「休憩って何時まで?」

ルイ「えっと・・・16時までだけど」

夏生「もっかいしてもいい?今度はちょっと長めに」

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする