火ノ丸相撲 120話のネタバレと感想!三ツ橋に無常の再試合!


週刊少年ジャンプで好評連載中の漫画「火ノ丸相撲」

圧倒的な体格差を徹底的な前準備で埋めることに成功した三ツ橋・・・

勝負は三ツ橋の勝ちかの様に思われましたが・・・

詳しくは

火ノ丸相撲 119話のネタバレと感想!三ツ橋勝利!しかし?

をご覧ください

では早速火ノ丸相撲120話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link





火ノ丸相撲120話ネタバレ

「え?」

会場中がザワツキ・・・

三ツ橋の勝利に沸いていた会場が異様な雰囲気に包まれます。

手を挙げた土俵際の係員が土俵に入ってきて・・・





「うわーマジか!物言いだ!」

「確かに際どかったもんな」



なんと三ツ橋と首藤の試合に物言いが入りました。

審判は三ツ橋の勝利と告げたものの、審判団はその判定に異議を唱えた模様



その光景を見ていた礼奈は

礼奈「え、何?」

千鶴子「物言い・・・・アマチュア相撲だと異議申し立てと言います・・・審判は決着がついた時点で必ずどちらかに軍配を上げなければいけません・・・ですが、今回の様に微妙な決着の場合は協議して・・・もちろんこれがただの確認で、軍配通り三ツ橋君の勝ちになる可能性もありますが・・・軍配の差し違えで判定が覆る事も・・・もしくは、両者落ちたのが同時と見て再試合か・・・」



この物言いはどう考えても三ツ橋に不利・・・

その事を直観的に感じ取る監督は・・・

・・・

こんな100回やって一回あるかどうかの状況・・・この状況作るのにどれだけ積み上げたと思ってんだよ!三ツ橋はもうボロボロだ・・・再試合なんて負けに等しい・・・

頼む・・・軍配通りであってくれ!



三ツ橋も物言いの行方を見つめます。



そして協議が終了し、その判定は・・・

Sponsord Link





同体!取り直し!!





ここにきて、なんと再試合!三ツ橋にとって最も残酷な判定となってしまいます。

桐仁

火ノ丸

部長

ユーマ

礼奈

千鶴子

駿海

柴木山

みんな無念そうにその判定を受けとめます。

石高の金盛も

「・・・同じ手は・・・・もう通用しないだろう・・・」

ここまでやっても勝たせてもらえないのか・・・



そこで桐仁が三ツ橋の様子に気が付きます。



足を引きづって歩いている三ツ橋に・・・



まさかあの時・・・足を・・・

桐仁が自分の足の様子に気が付いたことを悟った三ツ橋

三ツ橋「止めないでくださいね・・・今土俵を下りてもなんにもならない。けど・・・土俵に立ってさえいれば・・・何かが起きるかもしれませんから」



手をついて

再試合が始まります。

はっけよい



三ツ橋の無情な戦いが始まりますが・・・

やはり・・・

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする