ドメスティックな彼女 118話のネタバレと感想!陽菜帰還で・・・


週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「ドメスティックな彼女」!

ついに恋人同士になった夏生とルイ!

この二人のせいで微妙な空気になってしまったモモとアルとも和解を果たして・・・

詳しくは

ドメスティックな彼女 117話のネタバレと感想!モモと桜坂

をご覧ください!

119話が発表されました!
袋とじもついていたのでその内容もネタバレ!
ドメスティックな彼女 119話のネタバレと感想!マル秘袋とじも!

では、早速ドメスティックな彼女118話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link


ドメスティックな彼女118話のネタバレ

ついに付き合うことになったルイと夏生・・・

そんな二人の状況を知る由もない陽菜は・・・



鼻歌を歌いながら食器洗いをする陽菜

ピンポーン

と家の呼び鈴がなり

陽菜「はーいどちら様・・・」

と陽菜が出ると

ガバっと抱き着かれます。

夏生「陽菜!」笑顔で抱き着いてくる夏生

陽菜「え、夏生くん?どうして一人で来たの?」

夏生「うん、どうしても我慢できなくて・・・」

陽菜「が、我慢できないって・・・ダメじゃない・・・言ったでしょ・・・よりは戻さないって」

しゅんとする夏生

夏生「陽菜は・・・本当に俺のこと嫌いになっちゃったの?」

そんな夏生の意地悪な質問に涙目になる陽菜・・・

陽菜「嫌い・・・嫌いになんて・・・なれるわけないじゃない!」

夏生「陽菜!陽菜」

陽菜「夏生君・・・会いたかった」

と熱いキスをかわす二人・・・

Sponsord Link



・・・・・・・

目を開くと・・・いつもの光景でした。いつもの様に自室のベットで起きる陽菜・・・

目からは涙が流れていました。

9時半・・・めっちゃ寝た・・・

そしてベットサイドに目を向けると

夏生の作品が搭載された文藝夏冬が・・・



ああ・・・昨日コレ読み返しながら寝ちゃったんだっけ・・・

寝ぼけ眼でむくっと起き上がると、そのままうつ伏せになって顔から枕にダイブ!

そして枕に顔を伏せながら

ナツオくん!好きーーーー!



その後歯磨き、洗顔を済ませ、洗濯し

いい天気で、その日は補習も部活もないことを思い出した陽菜は

おにぎりをもって海岸へ・・・

おにぎりを食べて海を砂浜をブラブラ歩いていると・・・

「陽菜ちゃん」

と男性に声をかけられます。

陽菜「柊さん!」

柊「よかった!宿舎の方に行ったんだけど留守だったから探してたんだ・・・前に欲しがってた参考書・・・置いてる書店見つけたから買ってきたよ」

陽菜「えーホントですか!ありがとうございます。わざわざすみません」

そんな陽菜の表情を見て柊は

柊「よかった・・・元気そうで・・・君の事だから飲んだくれて島中に知れ渡る伝説でも作ってるんじゃないかと・・・」

陽菜「いやーまだ大丈夫です!あだ名つけられてる程度なんで」

柊「飲んだくれなのはバレてんだ・・・飲みながら想うのは・・・やっぱり夏生君の事?」

陽菜「・・・」

柊「正直だね・・お正月はどうするの?ずっとここに?」

陽菜「母にも電話で聞かれたんですよね・・・それ・・・一度帰ってきなさいとは言われてるんですけど・・・事情が事情ですからね・・・

まだちょっと考え中です」

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする