火ノ丸相撲 121話のネタバレと感想!國崎対国宝再び!


週刊少年ジャンプで好評連載中の漫画「火ノ丸相撲」!

三ツ橋が善戦するも惜しくも判定が取り直し・・・

その無常な判定に三ツ橋は為す術無く敗れてしまいました・・・

詳しくは

火ノ丸相撲 120話のネタバレと感想!三ツ橋に無常の再試合!

をご覧ください!

では、早速火ノ丸相撲121話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link


火ノ丸相撲121話のネタバレ

「強さの秘訣ですか?」

全国大会前に注目選手としてインタビューを受ける加納・・・

インタビュアー「やはり白楼の強さを語る上では天王寺君と双璧を為す国宝<大包平>加納彰平君の存在も大きいと思います。やはり天王寺くんと同じように誰よりも相撲が好きという強い自負心が辛い稽古に足を向かわせるんですか?」

加納「<俺が一番相撲が好きで、俺が一番稽古してる>・・・か獅童らしいや・・・

そんな風に言えるあいつが羨ましくもある・・・僕はそんな立派じゃないです。

嫌なんですよ!負けるのが・・・それだけ・・・ずっと見てきましたから・・・



<父>である監督の横でこの白楼というチームを6連覇する前から・・・白楼だけじゃない・・・白楼と通して沢山見てきました。負けて夢が終わる瞬間を・・・

高校三年間すべてを懸けて努力しても・・・終わるときは一瞬です・・・本当に一瞬・・・全力を出し切ることさえ叶わない・・残酷な競技ですよ・・・相撲って・・・

負けたら勝つためにしていたすべてが・・・無意味になるんです・・・

僕はこの白楼相撲部が好きです。相撲が心底好きなこいつらを尊敬しているし、好きなんです・・・こいつらに負けた時の嫌な思いを味わってほしくない・・・

だから死ぬほど稽古するんです。ま・・・獅童の次くらいには頑張っているんじゃないかな?」

そう言って笑った加納・・・

しかし、

加納「だから・・そういう思いは、全部相手に味わってもらいます」

最後の修羅の顔でこう言い切りました・・・

Sponsord Link



ついに始まる國崎と加納の取り組み・・・

決勝で勝った方が当たる対戦相手栄華大附属高校相撲部・・・

栄華大附属高校相撲部員「加納の奴、負けねーかなぁ」

栄華大附属高校相撲部員2「え?」

栄華大附属高校相撲部員「俺嫌いなんだよね・・インタビュー見た?監督がどうとか・・・チームがどうとか何か色々言ってたけどさ・・結局自分自身はどうなんだよ・・・相撲楽しいと思ってないんじゃないかなぁ・・加納」

栄華大附属高校相撲部員2「!」

栄華大附属高校相撲部員「気味悪いんだよ・・・他の国宝の連中は・・・天王寺も草介も鬼丸も・・・根っこの部分には相撲を愛する心があるじゃん・・・なのにアイツだけは何か違う・・・父親が名門の監督だとか、チームへの情だとか・・・自分の外にばかり理由を求める・・・そういう奴ってどこの世界でも一流になれなくね?普通はさ・・・

なのにあいつは強いんだよ・・・<国宝>なんだよ・・・<天才>ってことなのかね・・・やだやだ・・・」

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする