火ノ丸相撲 122話のネタバレと感想!國崎が強すぎる!


週刊少年ジャンプで好評連載中の漫画「火ノ丸相撲」

圧倒的な有利に立ちつつ、それでも勝てなかった三ツ橋・・・

その三ツ橋の意気込みを胸に國崎が再び国宝狩りに挑みますが・・・

前回詳しくは

火ノ丸相撲 121話のネタバレと感想!國崎対国宝再び!

をご覧ください!

123話発表されました!
火ノ丸相撲 123話のネタバレと感想!ユーマの心は・・・


では早速火ノ丸相撲122話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link


火ノ丸相撲122話のネタバレ

膝が赤黒くはれ上がる三ツ橋・・・

医務室に急ぐ千鶴子と三ツ橋

千鶴子「痛みますか?」

しかし、三ツ橋はこの問に答えることができせん。

脳裏にあったのは・・・

三ツ橋が会場を後にし、医務室へ向かう際・・・

・・・・・

千鶴子「私が付きそいます」

小関「頼んだ」

三ツ橋「・・・・」

僕の汚い相撲・・・國崎さんは認めてくれたけど・・・火ノ丸さんの顔だけは最後まで見れなかったな・・・

そんな会場を後にしようとする三ツ橋に・・・

火ノ丸「蛍・・・最後惜しかったな・・・すごかったぜお前の相撲・・・確かに礼は欠いとったかもしれん・・・でもそれが、相手や・・相撲を侮っての事ではないことはちゃんとわかっとるから・・・応えてみせるさ・・・お前が見せてくれた男に意地に!」

・・・・・

Sponsord Link



火ノ丸からの激励を受けた三ツ橋は・・・千鶴子の問に

三ツ橋「・・・みんながまだ戦っているんだ・・・僕だけ弱音を吐くわけにはいきませんよ!大丈夫ですよ・・・きっと・・・

ダチ高は強いですから・・・!」



その頃國崎は加納と激戦を繰り広げていました!

大典太のコピーに見える國崎の猛烈な突きの洗礼!

「おお!大包平が押されてる」

会場がどよめくほど、國崎の突きの精度は凄まじいものでした!

この試合を見ている石高の金盛も・・・

金盛「どうなってんだ?あの突きが大典太のコピーなら大典太に負けなしの加納なら防げるはずだろ?なんでこんな一方的な展開に?」

沙田「そりゃ・・全く同じものにはなりませんよ!本家とは体格やリーチが違い過ぎる・・・でもその本家とのズレが逆に・・・

本家以上の回転数と独特のリズムを生んでいる・・・あの突きはもう立派なチヒロ・スペシャルっすよ」



防戦一方の加納・・・

加納「く」

その表情からはもはや余裕は全く感じられず・・・

落ち着け・・・不意を突かれただけだ・・・大典太より速い分威力は落ちる・・・このリズムに慣れてきたところさ・・・叩き落す

と國崎の突きを叩き落とそうとする加納・・

國崎の突きを叩き落とそうとして前かがみになった加納・・・

そこを見落とさずにつく國崎・・・

素首落とし・・・雷!

前かがみになった加納を前のめりに倒そうとします。

この國崎の一瞬のチャンスを見逃さないテクニックに・・・

名塚も・・・上手い!國崎くんが高校ナンバー2を翻弄している!

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする