火ノ丸相撲 123話のネタバレと感想!ユーマの心は・・・


週刊少年ジャンプで好評連載中の漫画「火ノ丸相撲」!

前回は国宝狩りの本領発揮した國崎!

加納に何もさせずに勝ってしまう恐るべき力を発揮しました!

前回詳しくは

火ノ丸相撲 122話のネタバレと感想!國崎が強すぎる!

をご覧ください!

では早速火ノ丸相撲123話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link




火ノ丸相撲123話のネタバレ

テレビで中継を見ながら・・・

千鶴子「形振り構わない寄り・・・三ツ橋くんの頑張りに影響されたのかもしれませんね」

三ツ橋「・・・・相撲を始めたのは僕と同時なのにな・・・ずるいや・・・かっこよすぎです!」

同時に相撲を始めた三ツ橋は、国宝狩りにまで進化した國崎に嫉妬に近い感情を見せます。



その頃会場では・・・

”寄り切りで東・・國崎君の勝ち”

やったぜホタル!



栄華大付属校相撲部員「終わってみれば・・・國崎の完勝・・・加納に良いところがなかったな」

栄華大付属校相撲部員2「ヤバいなぁ・・・國崎どんどん強くなるよ・・・勘弁してくれーー」

さらに背後から「本当にまいったぜ・・・

白楼にも大太刀にも女子マネがいるってのに、何でウチにはいねぇんだろうな・・・」

栄華大付属校相撲部員2「え・・・なんの話?試合見てたんじゃないの?」

「はっはっはそう試合ね・・・でもありゃ加納の自滅だな・・・

トリッキーなはずの千比路の正面からの寄りに一瞬躊躇した・・・

<本当に寄りが狙いか?>という考えが対応を遅らせたんだ・・・

逆に言えばその一瞬の勝機を逃さなかった千比路の嗅覚・・・

さすがは俺の背を見て育った男よ」

と栄華大付属高校3年、兵藤真磋人・・・

兵藤「もし白楼が勝ち上がれば加納と・・・大太刀ならそん時ゃ俺が千比路とやるぜ!いいな!」

栄華大付属校相撲部員2「はは・・勝手に決めないでね」

Sponsord Link



土俵から引き揚げてくる加納・・・

加納「すまん・・・みんな・・・決められなかった・・・」

監督「心・技・体の<心>・・・どんな競技・・・武道・・・スポーツにも・・・この心技体という要素はある・・・

そんな中でなぜ相撲は殊更に・・・とりわけ<心>の有り様を重要視するのか・・・わかるか?

それは相撲に挽回の機会がねぇからだ・・・他の競技ならミスしても心を正して取り返す間がある・・・

制限時間内・・・

次のラウンド・・・

次のチャンスに・・・だが相撲は一瞬・・・一つのミスが死に直結する

だから土俵にあがる前から心を整えておかなきゃならねぇ・・・そういう意味でお前は気負い・・力み過ぎていた・・・・獅童に代わってチームを引っ張ろうとしてな・・・気づけなかった俺のミスだ

満足するなよ!お前は弱い!だからこそまだまだ強くなれる」

加納「はい・・・」

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする