エリアの騎士 483話のネタバレと感想!駆も覚醒か!


週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「エリアの騎士」

傑のライバルゼッケンドルフ攻略に挑むオリンピック日本代表!

駆の中に傑が目覚め、超絶技巧でゼッケンドルフの牙城を崩しにかかりますが・・・

前回詳しくは

エリアの騎士 482話のネタバレと感想!倉知VS傑!

をご覧ください!

では、早速エリアの騎士483話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link




エリアの騎士483話のネタバレ

荒木とは対照的にシンプルなフェイントを駆使してフランクフルト陣内にドリブルで突入していく四季・・・

傑”ハルは今<空>からピッチを見ているはずだ・・さぁ何をしてくるか”

駆「きっとドリブルスピードを落としてくるよ兄ちゃん」

傑”え?”

駆「せかっくのカウンターだけど、兄ちゃんの狙いにいち早く気が付いたゼッケンドルフが戻ってきてる」

傑”なるほど・・・アルベルトに手こずっているかのように見せて、俺たちが上がってくるのを待ってから仕掛けるってことか・・・さすが湘南でコンビを組んでるだけあるな駆”

駆「うん」



戻りながらゼッケンドルフ

ゼッケンドルフ「クルーガーも四季<20番>にいけ!一人じゃそいつは止められん!敵が上がってくる前に潰すんだ!」



ゼッケンドルフの意図に気が付いた四季

四季「ち・・・」アルベルトをドリブルで突破し、クルーガーも鮮やかなドリブルで突破する四季に今度はゼッケンドルフがマークにつきます。



ゼッケンドルフに絶対の信頼を寄せるフランクフルトの面々・・・

ゼッケンドルフが抜かれるわけないと、カウンターの準備に入ります。

Sponsord Link



四季は後ろを走る荒木にバックパス

ドリブル突破に見せかけて荒木にパスすることでゼッケンドルフの意表を突こうとしますが・・・

荒木「ナイス四季くん」とそのままドリブルで持ち込もうとすると・・・

もう目の前にそびえ立っているゼッケンドルフ・・・

荒木「何ぃ・・・」

あわてて四季のボールを戻す荒木・・・

しかしゼッケンドルフもすかさず四季のマークに戻り・・・

ボールの行先を読むようにマークにつくゼッケンドルフ・・・

四季「化け物かこいつ・・・」



本領発揮のゼッケンドルフに全く突破の糸口が見いだせない四季・・・

その様子を放送席から見ていたゼッケンドルフの妹が・・・

「凄い凄い!みんなすごい!でもやっぱりカールね・・・本気のカールが一番!もうこれ以上日本には点はやらないわ」

セブン「いいえ、日本が同点にするわ」

ゼッケンドルフ妹「だれが?」

セブン「それは・・・逢沢選手です」



追い込まれる四季・・・

くそっ・・・パスルートがない!

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする