風夏 134話のネタバレと感想!優の碧井風夏への想い



週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「風夏」

大坂編もクライマックスを迎えた前回、

椛の歌の力が炸裂して・・・

詳しくは

風夏 133話のネタバレと感想!大阪編最終回!

をご覧ください!

では、早速風夏134話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link




風夏134話のネタバレ

青葉「現在はツアーは約半分終わってCDの売り上げは4分の1の1200枚って所ですねー」

那智「4分の1かぁ・・・もうちょっと頑張んねーとなぁ」

青葉「でもカナリアさんのおかげでCD2枚組にしてからは好調ですし、写真もそこそこ売れてますから」

那智「まぁ、榛名のだけは余りまくってるけどな」

優「うるさいですよ」

三笠「あれ?そうしたんですか?沙羅先輩。もしかしてこっちが良かったですか?」

とみんなで仲良くカップ麺を啜っていた面々・・・

沙羅「そうじゃなくて・・・CDの売り上げもツアーも大事なのは解るけど・・・

どこよ!ここは一体!」

と実は雪で立ち往生してしまった優達・・・

那智「しかたねーだろ・・・街灯もない上にこんな大雪じゃ・・危なくて夜中に運転なんて出来ねーよ」

沙羅「だからって!!こんな山奥でカップ麺食べながら車中泊して年を越すとは思わなかったわ」

那智「うるせーな・・・わがまま言うな金ないんだから」

沙羅「わかってるわよ!ってゆーか何で広島なのに雪降ってんの?」

那智「いいから早く食って寝るぞ!明日も早いんだ」

寝袋の包まり、眠りにつく面々・・・そんな中優だけが眠れなくて・・・



Sponsord Link



優「今年も終わりかぁ・・・なんかホント色々あったなぁ・・たった一年で」

とそこで社を見つける優

優「アレは?」



一人で車を降りて社に入る優・・・

境内に入ってお参りをします。



今年こそ絶対に・・・

そんな強い決意を込めて祈っていると・・・後ろから・・・

風夏「わっ」

優「うわああ」

と風夏が脅かしにきます。

風夏「優くんがどこか行くの見えたから・・・慌てて追いかけてきちゃった!」

優「やめてよ!心臓止まるかと思ったじゃん」

風夏「初もうでなら私も誘ってよねー」

優「だってみんな寝てると思ったから・・・ちょっと神社が見えたからお参りに来たんだ」

風夏「ふーん・・信心深いのね」

優「そんなんじゃ・・・」

そして風夏もお参りをします。

真剣に・・・長めの願い事・・・



風夏「・・・よし!」

優「何お願いしたの?」

風夏「ん?CDがいっぱい売れますように!優くんは?」

優「えっと・・・」言い淀んだ優は、薄着で出てきた風夏にマフラーをかけて・・・

優「バンドメンバーの健康・・・」

風夏「あ・・ありがと・・急に出てきちゃったから・・」

優「戻ろ・・・風邪ひいちゃうよ?そんなうすぎじゃ」

風夏「あ、うん」

風夏「・・・・」優のマフラーに顔をうずめ、何か想う風夏・・・

そんな風夏に優は言葉を続けます。



続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする