風夏 136話のネタバレと感想!秋月風夏そっくりな娘の正体は?



週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「風夏」!

2017年1月からアニメの放送も決定し、絶好調ですよね!

そんなアニメも決まり絶好調な風夏は原作も絶好調!

なんと今は亡きヒロイン秋月風夏と瓜二つの少女と出会った優・・・

すぐに立ち去ってしまったその少女は出会いもあまりに秋月風夏と似ていて・・・

前回詳しくは

風夏 135話のネタバレと感想!秋月風夏とそっくりの少女!

をご覧ください!

では、早速風夏136話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link





風夏136話のネタバレ


街フェスに参加するために宿舎に戻ってきた優・・・

優「ここか・・・今日から宿泊する廃校って・・・」

しかし、優の脳裏にあるのは街フェスのことよりも・・・

まるで風夏が生き返ったのかと思った・・・それにあのストラップまで・・・

優「・・・いやでも別人だ・・・いくら顔が似てたってあの子は風夏じゃない・・・」

優が宿舎に入っていくと・・・

沙羅と那智が待っていました

那智「おい榛名!」

優「あ、先輩・・もう戻ってたん・・・」

那智「ちょっと来い」

優「え!!?なんですか?急に・・」

那智「いいから」と強引に優を引っ張っていく那智・・・

Sponsord Link





那智「みろよ」

那智が連れて行った先に・・

先ほど優と会った秋月風夏のそっくりさんが立っていました。

優「あ・・・」

風夏そっくりさん「あれ?キミはさっきの・・・なんだバンドの人だったんだ」

那智「え?知ってんの?」

優「はい・・・ちょっと・・・」

那智「俺ら今来たばっかなんだけどさ・・・風夏かと思ってチョー焦ったぜ」

優「・・・・」

風夏そっくりさん「じゃあ、みんな揃ったみたいなんで挨拶しとくね。街フェスのボランティアメンバーとして皆さんのサポートをさせていただく葛城桜です。

こんなに早く来るなんて聞いてなかったからびっくりしちゃった!」

優「サポートメンバー・・・」さすがに名前は違うか・・・

桜「えーっとね・・・今日のフェスに参加していただくアーティストの方にもこの街を楽しんでもらおうということで、

廃校を宿泊施設として開放しておりますのでフェスまでの一週間はご自由に使用して・・・アレ・・・何この漢字読めないんだけど・・・

まいっか・・・そんな感じよ」

青葉「豪快に端折りましたね・・・」

桜「ねーねーそれより君らの曲聴きたいんだけど何かないの?」

青葉「あ、はいCDなら・・・それともデータでケータイに送りましょうか?」

桜「じゃあCDでコレで聞きたいから」と取り出したのはまたもや秋月風夏と同じポータブルのCDプレーヤーで・・・



優「・・・!」

桜「へー<Blue Wells>かぁ・・・かっこいいね!

ドラムが那智さんで、

ギターが石見さ・・・わー名前沙羅ってかっこいい名前

キーボードが三笠さん・・・言い辛いな・・・真琴くんね!

ギターボーカルが碧井さん・・・

そしてベースボーカルが榛名・・・優くんか・・

うん!覚えた!!じゃあみんなよろしくね!!」

と秋月風夏そっくりの笑顔でそう語る桜・・・

それに思わず

がっ

と三笠が抱き着きます。

桜「な・・・なになに?」

三笠「あ・・ごめんなさい・・・つい・・・」

桜「びっくりするじゃない急にー」

三笠「キミが本当にそっくりだから・・・僕たちの友人に・・・」



続きは2ページ目で



アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする