ドメスティックな彼女 124話のネタバレと感想!125話は旅行編!


週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「ドメスティックな彼女」

卑屈の原因だった源太と再会したアリス。

夏生が源太に激高したことで覚醒したアリスは・・・

前回詳しくは

ドメスティックな彼女 123話のネタバレ、感想と124話の展開は?

をご覧ください!

125話が公開されました!

ドメスティックな彼女 125話のネタバレと感想!ラブラブ旅行!

こちらでも過去話を無料で読むことが出来ます!
マガジンポケット公式

では、早速ドメスティックな彼女124話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link


ドメスティックな彼女124話のネタバレ

源太の学校に夏生と一緒に現れたアリス・・・



源太「アリス・・・」

ちょっと驚いた様子の源太にアリスは・・・



息を大きく吸い込み・・・



アリス「誰がお前の事なんか好きなもんか!バーーーーカ」

といきなり叫び出します。



面食らう夏生・・・

アリスは構わずに続けて・・・

アリス「告りもしてねーのに<無理矢理>とか・・・どんだけ自意識過剰だよ!

お前覚えてるか?小さいころウチでウンコもらしたの!

ゲームであたしに勝てなさ過ぎてしまいにゃ泣くわ・・・コントローラー振り回してガラス割ったの私のせいにするわ・・・

そんなん見てきて誰が異性として意識すんだよ!

<気持ちわりぃ>とかこっちのセリフだっつの!

友達だと思ってたのにがっかりだわ!このヘタレ源太が!」



いきなりのアリスの言葉の猛攻にへたり込んでしまう源太・・・

夏生「あ、アリス・・・」



ふーふー息巻いているアリス・・・

Sponsord Link



アリス「あの時、私は・・・これが言いたかったんだ・・源太の陰口に傷ついたのは自分自身もそれを受け入れてしまったからだ・・・

昨日藤井が源太を殴った時に思い知ったわ・・・

ああわたしはよっぽどいろんな事を源太のせいにしてきたんだなって・・

「傷つけられた」ことを原因にして「どうせ」って言いながら籠って他人を拒絶してた・・・その方が楽だから・・・

別になんて言われても、受け入れる必要なんてなかったのに・・・

結局自分の外見に拘っていたのは自分だった・・・バカバカしい・・

もう押し付けられる価値観のいいなりにはならない・・・



あたしの価値はあたしが決める!



そう夏生に力強く宣言します・・・

源太「俺だって後悔・・・してたんだよ・・・

あの時は・・なんか素直に謝れなくて・・・そのまま絶交みたいになったけど・・・つまんなくてさ・・・

あれから誰と付き合っても誰と遊んでも・・・

お前とガチで「スマスト」の対戦やってる時が一番楽しかったなって・・・」



アリス「くく・・・なんだよ源太・・・お前ブス専だったのか?」

源太「なっ・・・!そ・・・そういうんじゃねーよ!」

アリス「わーってる・・・わーってる・・素直になれって」

源太「わかってねーだろ」



続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする