約束のネバーランド 21話のネタバレと感想!シスターとの心理戦!



シスター「※※って知ってる?」

え?



シスター「知らないわよね・・・知りたいでしょ?」



今なんて・・・?

シスター「次に来た時に教えてあげる・・・またいつでもいらっしゃい!今日よりもっとお話ししましょ」



そう言ってドアを閉めます・・・



廊下に出されたエマとノーマン・・・その表情は非常に険しく・・・



ノーマン「シスタークローネを見くびっていた・・・手の内を見破られた!」

エマ「うん・・・」

ノーマン「証拠はまだ掴まれていない・・・」

でも・・・こちらからの情報は何一つ与えない手筈だったのに・・・

あの人もママと同じ・・・農園のシステムで生き残ってきた大人なんだ・・・

ノーマン「やっぱり急ごう!一刻も早くここから逃げよう」



ぐずぐずしてられない・・・そのために明日の下見はぬかりなく!!



その頃・・・イザベラは・・・





ママ「さて・・・そろそろ頃合いかしら」

Sponsord Link





感想

敵の正体が中々見えてこないですね・・・

グランマという存在は前にママが定時連絡で話していましたが、このグランマってどんな存在なのでしょうか・・・?

鬼自体が人間に作られた監視員一部なんではないかと個人的には思っているのですが、今回のシスターの話で鬼と<対等>に話す人間が外部から来ていると・・・

鬼と対等・・・

そう見えるだけで、実は鬼に指示をしているのでは・・・?

それか未来の地球では人間が何らかの理由で変態して鬼の姿になってしまったとか・・・

鬼という存在がいきなり現れたというより、DNA系の進化で変態してしまった人類の一部が鬼の姿をしているのではないかと思っているのですが・・・どうなんでしょうか・・・?

そして鬼の姿から人間に戻るためには・・・

人間が必要・・・というか人間の何かが必要で・・・それを効率的に養殖するための施設がハウスなのではないか・・・

そんな予想をしながら読んでいるのですが、どうやらシスターも鬼がどういう存在かはわかっていないようですね・・・

イザベラはわかっているのでしょうか?

うーん・・・

さらにノーマンが心配です・・・若さゆえというか、自分が優秀だと過信するのはちょっといただけない!

結局シスターに手玉に取られて失敗してますし、こういう大人との駆け引きはレイのが得意そうなので今後はレイに頑張ってほしいところです。

ノーマンの判断ミスで今後致命的な危機に陥る可能性が高そうなので本当に恐いですね。

そんなはずはない・・・

とか断定しすぎ・・・もっと慎重に行動した方が良いんじゃないの・・・?

ノーマンしっかり頼みますよ・・・

以上「約束のネバーランド 21話のネタバレと感想!シスターとの心理戦!」の記事でした。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする