風夏 138話のネタバレと感想!優と碧井のすれ違い?



週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「風夏」!

テレビアニメも絶好調で波に乗っていますよね!

前回では秋月風夏に激似の少女桜に出会って揺れ動く優・・・

そんな中、碧井風夏には過去のメンバーからバンドの再加入の申し出があって・・・

前回詳しくは

風夏 137話のネタバレと感想!碧井を引き抜きに来たイケメン!

をご覧ください!

では、早速風夏138話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link





風夏138話のネタバレ


泊まり込んでいる校舎の屋上に上り、感傷に浸る優・・・

優「アイツもあの時・・・こんな気持ちで曲作ってたのかな・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ高校生だった優・・・いつもの屋上で・・・



「ねぇ・・優くんってば!」

声をかけられて声の主に振り返る優・・・

そこには秋月風夏がいました・・・

まだ秋月風夏が生きていた頃・・・



風夏「少しは一緒に考えてよ!ぼーっとしてないでさ!!」

優「いや、一緒にって・・・そもそも何してんのさっきから」

風夏「もぉ!全然人の話聞いてない!

オリジナル作ってんの!私達The Fallen Moonの!!」

優「オリジナル曲?」

風夏「そ!すっごいかっこいい奴!せっかくライブハウスデビューが決まったんだから、

ヘッジホッグスのコピーだけじゃカッコ悪いじゃない!」

優「でもさぁ・・ライブってもう一週間後だよ!曲ってそんな簡単にできるものじゃないと思うけど・・・・」

風夏「だから一緒に考えてって言ってるの!!」

優「ムリだよ・・・僕に曲作りなんて・・・やったことないもん・・・そんな事」

風夏「私だってないわよ!だから悩んでるんでしょ?」

優「じゃあ辞めときなよオリジナル曲なんて恥ずかしいしイタイだけだから・・・」



風夏<`~´>「人が話して時にケータイいじるんじゃないわよ!今度やったら粉々に叩き割るからね!」

優「うわぁ・・・ゴメンゴメン!」

風夏「謝ってほしいわけじゃないよ!!!」

Sponsord Link



教室に戻った風夏・・・



机に向かって「う~」とうなりながら・・・



それに気が付いた三笠・・・

三笠「さっきから何してんの?風夏」

風夏「あ、真琴くん!」

優「オリジナルの曲作ってるんだって」

三笠「え?」

風夏「来週のライブまでにはどうしても完成させたいの!あ!真琴くんなら解るんじゃない?曲の作り方!ピアノとかやってたんだし」

三笠「いや、さすがに曲を作ったことはないから・・・」

風夏「そっかぁ・・・」

三笠「でもきっと風夏の気持ち・・風夏の世界を素直に出せばいいんじゃない?あまり難しく考えないでさ・・・」

風夏「私の気持ち?」



三笠の言葉でクラスメートが

「ねぇねぇ来週ライブやるってホント?」

三笠「あそうだ!みんなも観に来ふうなつてよ・・・チケット余ってるから・・・」

「絶対行くよねぇ・・・」

「学園祭のライブ凄かったもんねぇ」

三笠「よかったら他の皆にも声かけておいてよ」

「うん!みんなで行くね!」



そんな会話が繰り広げられている中・・・風夏は・・・

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする