外道の歌 3巻20話のネタバレと感想!榊の養子が動き出す!





男「彼らは何としてでもこの件の落とし前をつけようと考えています」



長男「!」

Sponsord Link



長男に背を向けるように座る女も長男の様子を伺います・・・





男「二人組の男が関わっているという話を聞いたのですが?」



長男「は・・はい・・・」



男「どういった人物がご存知でしょうか?」





長男「あ・・・いえ・・・その・・・妹が呼んだ・・・ということしか・・・」



男「もしその二人組が見つからない場合、あなた方ご家族が当事者と見なされ、その処分の対象となる可能性も・・・」

やはり男はあの榊の一味・・・?絶句してしまう長男

長男「・・・・・・そういえば・・・榊さんがうちに来て・・数か月した頃・・・妹が言っていたのですが・・・

隣に住んでいる小学生の女の子から聞いたと言っていました・・・

その仕返しをしたい相手に・・代わりに仕返しをしてくれる人達がいる・・・とか・・・



小学生から聞いた話だし・・・話半分で聞いてたのですが・・・ひょっとしてそれが・・・」







長男と面談を終えた一味の男・・・

電話で一味に報告を行います。





男「ああ・・・隣の家だ・・・どう思うかって?

まああんだけビビった状態でとっさについた嘘とは思えねぇけど・・・・



小学生ってのがなぁ・・・



ああわかった・・すぐに戻る・・・」

電話を切ってちょっと笑う男・・・



女「なんだよ?」



男「いや・・・ママのハッタリもワンパターンだよな・・・関西を仕切ってる暴力団って・・・今時のヤクザがこんな仕事しねぇっつうの」



その頃・・・ショートカットの女は・・・



ショートの女「そう・・・お父さん大好きなの」

女の子「うん!だって今度会社で出世したから自転車新しいの買ってくれるんだよ!」

ショートの女「そうなんだぁ・・良かったねぇ・・・」

女の子「あ、お姉ちゃん手に何か書いてあるよ!何?なんの絵が描いてあるの?」

ショートの女「トイレットペーパーがゲロ吐いてる絵だよ!」

Sponsord Link


感想

榊って老婆は確か善悪の屑で家を乗っ取り、その家の娘が小学生の女の子を通じてカモに依頼・・・

カモは復讐に乗り出しますが、罠にはまって捕まってしまうも、自力で脱出して、その家を乗っ取っていた一味を一網打尽にして統領であった榊を逆さにつるして避雷針を不浄の穴に突っ込んで雷で・・・



って感じのエピソードでしたよね。

まさかそのエピソードの続編が出てくるとは・・・

統領が死んだので烏合の衆になると思っていたんですけどね・・・



しかし、あの善良な娘が交通事故で亡くなっているとか・・・

つくづくこの作品で善良なキャラは幸薄ですよねぇ・・・・



しかし、小学生の女の子が犠牲になる胸糞展開だけはちょっと勘弁してほしいところ・・・

この小学生の女の子がカモのところに行かないと話が動かないと思うんですけど、ショートカットの女はもう小学生の女の子に接触しています。

果たしてこの女の子は無事に生き残ることが出来るのか・・・

次回も楽しみです。

以上「外道の歌 3巻20話のネタバレと感想!榊の養子が動き出す!」

の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする