風夏 146話のネタバレと感想!優「僕と付き合ってほしいんだけど」



週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「風夏」!

ついに告白<曲の歌詞で>した晴れて両想いになった風夏と優!

桜が実は優の高校時代のクラスメートという衝撃の事実も判明して・・・

前回詳しくは

風夏 145話のネタバレと感想!桜の正体が判明!!

をご覧ください!

では、早速風夏146話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link


風夏146話のネタバレ

桜「それじゃあ私夜行バスなんでもう行くね!また絶対BLUE WELLSのライブ観に行くから!!」

那智「おう!待ってるぜ!」

風夏「気を付けて帰ってね」

三笠「色々ありがとう」



桜「あ、優くん新曲よかったよ!私今までの曲で一番好きかも!」

優「はは・・・ありがとう」

桜「ちゃんと思いが伝わるといいね!碧井さんに」

優「え?」



桜「じゃーねー!ツアー頑張って!!」

手をブンブン振って去っていく桜・・・



その夜・・・優達が宿舎にしている学校で・・・



那智「なんかフェスが終わったら急に誰もいなくなったな」

青葉「売れっ子バンドはみんな忙しいですからね私達もあやかりたいものです」

三笠「結局人気投票1位もFUNBOOKでしたしね」

那智「やっぱCDは地道に売っていくしかねーってことかぁ・・・」



そんな会話をしてる中優は・・・



確かにそういう可能性も・・・



そんな事をブツブツ言っていて・・・



沙羅「優さんどうかしたんですか?」



優「あ・・・別になんでも・・・」

Sponsord Link



那智「アレだろ?風夏と付き合うことになってイチャイチャしたいのに・・・ツアー中じゃ無理だなぁ・・とか思ってんだろ」



優「ち・・・違いますよ!」



青葉「バンド内恋愛はダメとは言いませんが・・・仕事に支障がないようにお願いしますね?」



優「いや・・・ってゆーか・・・そもそも・・・僕らって付き合ってんのかなぁ・・・って不安になって・・・」



那智「は?どう聴いても告ってんだろあの曲は」

優「まぁ・・・そうなんですけど・・・でもはっきり言ったわけでもないですし・・・もしかしたら僕の想いなんて全く伝わっていない可能性もあるんじゃないでしょうか・・・」



三笠「そう思うなら確かめてくればいいじゃない・・・今、風夏さんは夕飯作ってるから手伝ってきなよ」



優「え?でも・・・邪魔しちゃ悪いし・・・」



那智「いいから行け!めんどくせーな!!!」



優「は・・・はい」



那智「あの歌詞聴いて伝わんねー奴いたらよっぽどの鈍感だぜ」

沙羅「それならそれで私は構わないけど」





その頃、キッチンの風夏は・・・

風夏「アレ・・・よくよく考えたら私・・・ホントにあの曲で告白されたのかな?」



続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする