風夏 148話のネタバレと感想!たまが声帯摘出手術を受けていた!



週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「風夏」

テレビアニメの方では秋月風夏が死ななかったという展開が話題ですよね!

前回は・・・

CD5000枚は全国ツアーで売り切ることが出来なかった優達ですが・・・

なんと優が風夏のことを歌った新曲が馬鹿当たり!

配信で借金を返済することに成功して・・・・

前回詳しくは

風夏 147話のネタバレと感想!天谷社長「もう十分よ」

をご覧ください!

では、早速風夏148話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link




風夏148話のネタバレ

東京に向けて車を走らせる優達・・・



優「4か月ぶりの東京ですねー」

那智「やっと手足伸ばして寝られるぜ!」

風夏「色々あったけどとりあえずバンドは続けられそうだね・・・」

三笠「ですね」

沙羅「事務所寄ってくんだっけ?」

青葉「ハイ!社長から東京ついたらすぐ来るようにって言われてます」

那智「きっとボーナスとかくれんじゃねーの?なんたって俺らは事務所の危機を救ったんだから!」

青葉「それはさすがに・・・でもお褒めの言葉くらいいただけるかもですね」



事務所につくと・・・



執務デスクに座りながら優達を睨み付けるように見つめる社長・・・



那智「えーーー・・・・」

風夏「むちゃくちゃキレてない?」



気後れしながら・・・



優「あの・・・ただいま戻りました・・・」

天谷社長「ああ・・・お疲れ様・・・ツアーご苦労だったんわね」

青葉「社長・・・どうなさったんですか?なんだか機嫌が悪いような・・・」



社長「これからもっとあなた達を売り出そうと思ってね・・・雑誌、ラジオ、テレビ、フェス、イベントetc・・・手当たり次第問い合わせてみたの」

青葉「わあ・・・忙しくなりそうですね!!」

社長「ことごとく・・・断られたわ・・・」



優「え?」

Sponsord Link





社長「ゼータミュージックの生駒智子・・・日本のメディア・音楽業界を牛耳る女社長よ・・・あなた達とんでもない相手にケンカ売ってくれたわね・・・おかえでウチは全てのメディアから総スカン・・・CDもショップに置けないわ・・・謝罪の申し入れも断られたし・・・正直完全に手詰まりよ・・・



せめてライブくらいはって思ってたんだけどね・・・”Blue Wells”って名前を出すだけでどこのライブハウスにも電話を切られたわ」





事務所を出て、途方に暮れるメンバーたち・・・



那智「やれやれ・・一難去ってまた一難かよ・・つーか今度こそマジで終わったな・・俺ら・・・」



沙羅「ちょっと・・・」



風夏「ごめんねみんな・・・私が勝手なことしちゃったからこんな大変なことに・・・」



那智「え?いや・・・別にお前が悪いわけじゃねーけどな」

沙羅「・・・」

風夏「でも・・・」



続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする