約束のネバーランド 32話のネタバレと感想!レイ「バイバイエマ」



週刊少年ジャンプで好評連載中の漫画「約束のネバーランド」!

前回は

ノーマンが出荷されてしまい、虚無の中で生活していたエマ・・・

レイも自暴自棄になってしまっていて、自分のことなどどうでもよくなってしまっていて・・・

前回詳しくは・・・

約束のネバーランド 31話のネタバレと感想!レイも諦めて・・・

をご覧ください!

では、早速約束のネバーランド32話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link


約束のネバーランド32話のネタバレ

この日を待っていた・・・



レイ「ハウスにお別れを・・・」

エマ「ああ、レイ明日誕生日だもんね・・・」



レイ「そう・・・今日が最後の夜・・・なぁ・・本当は諦めてなんかないんだろ?エマ・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノーマンが行ってしまった・・・

行かせてしまった・・・・私は何も・・・ダメ・・・悲しむのは後・・・嘆くのも後・・・

考えろ・・・ノーマンの為にも今・・・私がすべき事・・・

この先はママの直接支配・・・駒を挟まず直接制御・・・

ならママは必ず監視する・・・

私たちを直に・・

一番の標的は私とレイ・・



今私がすべきこと・・・それは・・・何もしないこと・・・

爪を隠せ・・・・牙を隠せ・・・



ママがなにを見ているかはわかってる・・・



シスター”言葉だけじゃないのよ・・・情報は・・・”



こっちの計画

こっちの目的・・・



何も探らせはしない・・・邪魔もさせない・・・

些細な態度や反応もママは見ている・・・気取られるな・・・



私は何もできない・・・してはいけない・・・

辛いよ・・・



苦しいよ・・・

ただ悲しみたい・・・



ママ「諦めて楽になりなさい」

Sponsord Link





でも・・



ノーマン”大丈夫・・・絶対諦めないでね・・・



誰が諦めてなるものか・・・

ノーマンを犬死にはさせない・・・絶対騙し切ってやる・・・



必ずママを出し抜いて脱獄を成功させてやる・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなことをノーマンが居なくなった日からひたすら考えていたエマ・・・



エマ「うん諦めてない・・・レイもそうでしょう?」

レイ「ああ・・・お互い結局考えることは同じ・・・」





諦めたふりをして脱獄を進めていたってわけだ・・・



エマ「逃げようレイ・・・その話をしにここに来た」

レイ「丁度良かった・・・俺も話がしたかったんだ・・・2か月・・ママの目を気にしてロクに会話も出来なかったもんな・・・」

エマ「うん・・・私もとにかくママに本当の狙いを気づかれたくなかったから・・・」



レイ「本当の狙い?」

エマ「そう・・・ママは手ごわい・・・私たちは常に見張られていた・・・決して警戒を緩めない・・・私もレイもあれだけ何もしてなかったのにママは監視を止めてくれなかった・・・本当に用心深い・・・

でも・・・それならそれを利用すればいい」



続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする