火ノ丸相撲 143話の【画像】ネタバレと感想!144話予想も!

火ノ丸相撲過去記事


週刊少年ジャンプで好評連載中の漫画「火ノ丸相撲」!

ゴールデンウィークで少し間が空いてしまいましたが、待ちに待った副将戦ですよ!

全国大会団体戦決勝戦!

初戦は國崎が黒星

二陣戦は桐仁が気力で勝利をもぎとり、

中堅はユーマが残念ながら黒星となり、ダチ高は1勝2敗・・・

崖っぷちで闘う副将戦は、火ノ丸とダチ高で最も多くの苦楽を共にしてきた小関が登場!

その対戦相手は外国人ダニエル・ステファノフ・・・

173cm、116kgの小関と199cm、131kgのダニエル・・・

圧倒的な体格差にどう小関は戦うのか!

楽しみにしていた一戦!

ついに・・・

前回詳しくは

火ノ丸相撲 142話のネタバレと感想!ユーマの戦い決着!

をご覧ください!

同時更新
約束のネバーランド 37話のネタバレ(画像)と感想!38話の予想も!

最新144話も公開!
火ノ丸相撲 144話のネタバレと画像バレ!145話の展開予想も!部長終戦!!

では、早速火ノ丸相撲143話のネタバレ【画像】行ってみましょう!

Sponsord Link


火ノ丸相撲143話のネタバレと画像バレ

「2勝目!先に優勝に王手をかけたのは栄大だー」

「大太刀はもう負けられないぞ!」

観客は白熱した展開の団体戦の決勝に大興奮で副将戦を待っています。



東小関君

西ダニエル君


ついに両雄が土俵で合い見えます。

小関はあんこ型の体型に典型的な力士・・・しかし、ダニエルのデータは全くなく・・・



そんなダニエルが土俵に上がってくると・・・

「お!でたな!金髪力士!」

「ダニエル頑張れー」

ガングロ女子「笑顔がかわいいよね~」



金髪の力士ということでビジュアル的にかっこいいダニエル・・・

女性だけならず男性にもファンが多くて・・・



カメラマン「なんだ偉い人気だなぁ・・・」

名塚「まぁ・・・学生相撲で白人系の選手は珍しいってのもあると思うけど・・・なによりこの大会での栄大主力としての活躍でしょうね」

名塚はダニエルの人気はルックスだけではなく、実力によるものだと分析します・・・



名塚「個人戦では全国を逃したけど・・・草薙といい勝負をしたって評判よ!体格も文句なし・・・プロも注目の外国人力士よ」



天王寺「バトと同じやな・・外国人やから国宝とは決して呼ばれへんが・・・その実力は国宝級って話や・・・」

独自のスカウト網がある天王寺もダニエルの実力に太鼓版を推して・・・





兵藤「欧州から来た秘密兵器・・・俺は奴を・・・聖剣エクスカリバーと呼んでいる」

四方田「お前だけな」

ボケなのかマジなのか・・・やはりつかめない男兵藤・・・



国宝級・・・小関には荷が重いか・・・

Sponsord Link



会場でもそんな空気が漂っているなか・・・頬を叩いて気合を入れ、土俵に上がろうとする小関に火ノ丸が声をかけます・・・



火ノ丸「部長・・・」


千鶴子「何か・・・団体戦の潮君っていつもみんなの後ろでどっしり構えてるイメージでしたけど・・・この決勝はいつもと雰囲気が違うというか・・なんというか・・・



優しいというか・・・」



何かを部長につぶやいて土俵に送り出した火ノ丸・・・



土俵に両者が合い見えます・・・



注目されるのはやはりその圧倒的な体格差・・・

身長で26cm

体重で15kgの差がある二人・・・

もちろん身長体重どちらも大きいのはダニエルの方で・・・



続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はるぱぱ より:

    毎週楽しみに拝見しております。

    部長が耐える相撲なので、しばらくはダニエルターンでしょうねー。
    きっと部長は勝負所に全てを賭けてくるはずなので、そこが楽しみです。
    ユーマの負けを無駄にしないためにも、ぜひ立派な腹を使って栄大にお返しして欲しいです。

    • everlast より:

      はるぱぱさん、こんばんは!
      いつもありがとうございます!

      部長勝ってほしいですよね!
      憧れた相撲が同じ同士・・・団体戦決勝にしてついにシンパシーがいっしょの選手と出会った部長が、この一戦で急成長することを期待しています^^

  2. ひろま より:

    初コメント失礼します。
    大和国のモデルは若貴じゃあないでしょうか?
    連載当初はお二人が最後の日本人横綱でしたし、横綱相撲は貴乃花の後の先、左四つは若乃花の取り口だと思うので…。

    僕はむしろ最近の部長が最近の稀勢の里に似てきた気がしています。
    メンタルの弱さから中々優勝ができなかったあたりは、体格がいいのに全く勝てなかった部長にだぶりますし。
    稀勢の里の足腰の強靭さも守りに入ると崩れない部長のスタイルと似てる気がします。

    展開上部長が勝つとは思いますが、どのようなドラマがあるのか、楽しみにしながら待ってます♪

    • everlast より:

      ひろまさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます!
      確かに日本人力士で最近の名横綱と言えば貴乃花ですよね!

      貴乃花は好調時は相手に全く相撲をさせない圧倒的な強さが持ち味だったと記憶しています。
      その圧倒的な強さに小関やダニエルは憧れたかもしれませんね!

      ⇒小関が稀勢の里
      にはなるほどと思いました。たしかに部長はメンタルで取りこぼしが多かったですね!