インフェクション63話のネタバレと画像と感想!最新64話の展開も!

最新更新
インフェクション 64話のネタバレと画像バレと感想!65話の展開も!進化したメット!


インフェクション最新63話読みました!

ついに晴輝と紗月の邂逅!

インフェクションネタバレ過去話はこちら

決死の覚悟で紗月が挑んだメット・・・

全てを捨ててでも信君を守るため・・・

インフェクション62話ネタバレ

ついに間にあった晴輝・・・

肩を掴まれ今にもやられそうな紗月を間一髪で救うことに成功した晴輝は・・・

はたしてメットを倒すことが出来たのか!

では、インフェクション63話のネタバレと画像バレ行ってみましょう!

最新更新
インフェクション 64話のネタバレと画像バレと感想!65話の展開も!進化したメット!

インフェクション最新63話のネタバレと画像!




長かった・・・ずっと声しか聴けなくて・・・駆けつけられない無力さが辛かった・・・

でも・・やっと会えた・・・やっと



晴輝の持つ散弾銃でメットの胸にめがけて至近距離からの銃撃

吹っ飛んでいくメット・・・

紗月は間一髪のところでなんとか救うことが出来て・・・



やっと・・・やっと・・・

俺の手で・・・守ることが出来る・・・


急いで車から降りる晴輝・・・

晴輝「らぎ姉は俺と・・・きららはそのまま行ってくれ!」

きらら「うんありがと!」

晴輝「高木!頼むぞ!」

高木「磯波運転変われ」



慌ただしく車を発進させていく高木ときらら・・・

Sponsord Link



晴輝はらぎ姉と急いで転んでしまった紗月の元に!



紗月「ハル君!まだ殺せてない!頭を破壊して!」

紗月は晴輝達に先行するようにメットに近づくと、メットがまだ動いていることを確認・・・

メットの頭部を指差してそう叫びます!


晴輝「任せろ!」

銃をメットの頭部に向けてそう叫ぶ晴輝・・・



ジャカ・・・

緊張の面持ちの晴輝・・・



ドバキ

ドバキ

ドバキュン


メットの頭部を粉々に粉砕することに成功した晴輝は、ガジャっと空薬莢を取り出しながら・・・・



晴輝「これがメットだよな?なんでこんな姿に・・・」

人間の姿の原型をほとんどとどめていないメットに思わずそう口走ります・・・



紗月「わかんない・・・けど・・・ものすごく特殊な保菌者で・・・姿を変えながら追ってきて・・・燃やしてもダメで・・・でも・・・あたま破壊したらもう大丈夫だと思う」

晴輝「そうかなら・・・」

トン・・・

紗月の肩が晴輝のそっと当たって・・・

幼いころから自然な二人の位置関係・・・

当たり前の様にやっとあるべき場所に収まった二人はそっと見つめ合います・・・

引き寄せられる視線・・・


数瞬二人は見つめ合うと・・・


銃を取り落とす晴輝・・・

目を逸らすらぎ姉・・・


そして・・・



晴輝「紗月!紗月!!」

紗月「ハル君!ハル君!ハル君



お互いに磁石が引き寄せ合うかのように抱き合う二人・・・

晴輝「ああ、良かった無事で・・・噛まれてないか?怪我は?」

紗月「大丈夫だよハル君!はぁぁ・・・すごい・・・ああ・・・」

晴輝「会いたかった!ずっと紗月ぃ」




ぎゅううううううと抱きしめる二人

みしみしいう程に強く抱きしめた晴輝に紗月は・・・

紗月「いたたたたハル君ちょっ」

晴輝「あ・・ははは・・・ごめん・・・」

そして改めて紗月の顔をよく見る晴輝・・・

その晴輝に視線に気が付いた紗月は・・・

Sponsord Link



紗月「どうしたの?」

晴輝「いや・・・なんか紗月・・・雰囲気変わったな・・・なんかこう・・・大人っぽくなったというか・・・ぐっとその・・」

紗月「ふふ・・・そうかな・・・?ハル君は凄くカッコよくなったね!」

晴輝「ば・・何言ってんだ」

紗月「ホントだよ!ここまで大変なこと沢山乗り越えてきたんだよね?」

晴輝の成長を喜ぶ半面・・・

急に紗月は唇をきゅっと噛みしめて



紗月「ごめんね・・・一緒に居てあげられなくって・・・」

晴輝「・・・?いや・・俺のセリフだってすぐに助けに行けなくて・・・」

紗月「ううん・・そうじゃないの・・・私の辛さなんてハル君の辛さに比べたら全然だもん・・」

晴輝は紗月が何を言いたいのかがわからず・・・

押し黙る紗月を見つめるしかない晴輝・・・



紗月「・・・紗月ちゃん・・・死んじゃったんだよね・・・?」

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. everlast より:

    麗が無事でしたねーー!
    それが結構嬉しいですけど、
    晴輝と紗月の仲を見せられたらぎ姉の反応が心配です・・・

    しかも、また新しい保菌者(?)が出てきて・・・自衛隊の駐屯地に行くの大変そうな気配が・・・

  2. 獅子の瞳 より:

    らぎ姉…( ´△`)
    今回の表紙も良かったよらぎ姉!

    メットを倒して、とりあえず一段落がついたのかと思ったら、新たな敵が…

    あの小さい保菌者がメットに乗り移り操っていたのか…
    メットが赤ん坊に執着していたのは、あのちっこい生き物が関係しているのかな?

  3. イデ より:

    あのちっこい生き物が何者なのかが問題ですね。

    狙撃をかわすとか身体能力はもしかしたら作中最高かもしれませんね。
    スピードだけの保菌者ならいいんですけど、あれでパワーあったらかなりヤバそうですよね!

  4. イデ より:

    今回のインフェクション、改めて読み返してみると、らぎ姉だけがなんか沈んでるというか、塞ぎ込み気味で心配ですよホント

    紗月は晴輝に会えて幸せ、きららも姉が生きていて、無事に再会できて幸せな上に晴輝とムフフ状態です。
    らぎ姉だけが損な役回りで非常に心配です

  5. everlast より:

    らぎ姉たしかに心配ですね!
    ちょっと凹み過ぎというか・・精神状態が変な方向に向いてしまっているんじゃないかと思います。

    紗月は晴輝にとって特別!
    そう自分に無理やり言い聞かせてる感があって、
    きっとらぎ姉は紗月の前では晴輝への想いを表に出すことはしないで、胸にしまい込んで晴輝と紗月のために無茶をするんじゃないかと心配です・・・

    これって変なフラグじゃないですよね?

  6. 獅子の瞳 より:

    故意……ではないと思いますけど

    春輝はらぎ姉に対して扱いがちょっと酷いような…
    らぎ姉の告白を保留にしたら、その翌日に流されてきららと一線を越えて、春輝自身も、「見られても気にしない!」とか言って続行して、しまいには6巻のオマケ漫画…

    春輝がこんなノリだと、らぎ姉にとってくっついていいのか悪いのか、分からなくなってきましたが…

  7. イデ より:

    確かに…晴輝は最近らぎ姉を蔑ろにしている気がしますね

    晴輝はらぎ姉の自分への好意を知りながら、きららとのコトに及んでしまっています。

    正直このシーン、晴輝に対して若干の苛立ちを覚えましたo(`ω´ )o

    オイオイウソだろと…

    晴輝にとってらぎ姉ってどういう存在なんでしょうね?

  8. 獅子の瞳 より:

    高嶺の花的な女性ですよね…。

    春輝も「自分に好意はあり得ないだろう」と思って、らぎ姉から打ち明けれらたらどきまぎしてましたし、

    それがどうしてこうなった…
    Σ(ノд<)

    • イデ より:

      今現在の晴輝の中での女性の序列はどうなんでしょうか?

      ①紗月⇨きらら⇨らぎ姉⇨小鳥
      ②きらら⇨らぎ姉⇨紗月⇨小鳥

      きららとコトに及んだ時は②的な事を晴輝は言っていた気がしますが、

      紗月との再会を見る限り、とても②とは思えないんですけど_:(´ཀ`

      希望
      らぎ姉⇨紗月⇨香里⇨きらら⇨小鳥
      だったりするんですけどね(汗)

      • ドイ より:

        紗月は香里と同じ範疇に居るから、結局は性的な意味は含まず好き、という話でしたよね。
        きららの誘導尋問的なのも、効いていたとは思いますが。

        守りたい序列としては、全員同一なのではと思いたいですが、香里の事であれだけなってましたもんね。
        弱さを見せられる、というのも含めてなら、
        香里、紗月>>きらら>らぎ姉>>小鳥
        なんでしょうかね。
        恋愛対象となりそうな年齢他の設定で名前(晴輝からの呼び方)しりとりしてみても

        さつきららぎ姉(えなみ)

        で、こういう所も何となく含んでいそうですし。
        恋人(一時的な嫁)→きらら
        尊敬、性的対象(多分しないですね)→らぎ姉
        家族→香里
        家族、性的対象(未来の嫁)→紗月
        守りたい、香里を重ねている部分はある→小鳥

        この後、紗月はグイグイいくでしょうね。
        流石に再会するまでの経験で成長していると思いますし、粘着追い払いはしないと信じたいです。
        もししたところで、らぎ姉は引いてもきららは引かない筈で。

  9. ドイ より:

    らぎ姉が全て吹っ切るのか、それとも。
    例えば、異常な早さで復活した花田と丸山が、紗月を超高速の攻撃で狙い、それを庇ってしまうとか。
    晴輝は、らぎ姉の思いを知った上で機会はスルーし、きららとは遂げた。
    そして紗月が合流してしまった以上、二人の仲が進展する事は無いでしょうね。
    あの二人が敵と決まった訳では有りませんが、メットの中身から攻撃を受けて死んだ以上、やはり感染しているでしょうし。
    香里の様に一見普通に復活しながらも(香里が完全に味方とは言い切られませんが)、考え方や目的が実は敵で、内側から仲間を増やしていくというパターンかなとも。

    らぎ姉が吹っ切るのでは無いかと思うのが強いですが(香里の復活や小さく俊敏極まりない感染者の発見など、やる事が幾らでも出てきたので)、今後の展開が気になりますね。

    • イデ より:

      らぎ姉との関係はやはりないですかねぇ…

      らぎ姉とのことはスルーしておいてきららとは関係してしまった晴輝…それをらぎ姉が見ていて、らぎ姉は晴輝の中における自分の序列は
      紗月〉きらら〉自分
      だと思っていますよね。多分。

      きららはこの序列を
      きらら⇨らぎ姉⇨紗月
      にしようと色々企てると思うんですが、今回からこれまでと違う、麗というファクターが加わりますよね?

      麗がきらら、らぎ姉、紗月の晴輝争奪戦にどう影響を与えるか…これによって今後の動向も変わってくるんじゃないかなと思うんですよね。

      後は、花田と丸原ですか…
      醸し出す雰囲気はどう見ても敵なんですが、ここから味方になるという展開はあるんでしょうか…?

  10. 獅子の瞳 より:

    花田と丸原は忘れてはいけませんね。

    二人は確実に致命傷というべき傷を負っていましたが、何故か廃校に現れ、信君を抱き抱えていましたね。

    目覚めた感染者との交戦で命を落としていた筈の大隊長が何故か息を吹き返していた例がありましたが、

    それと同じことが二人にも起きているのか、或いは亡くなっている二人の死体をあの小さい生き物が操っていたりとか?