火ノ丸相撲145話のネタバレと画像バレと感想!146話の最新情報も!


火ノ丸相撲最新145話読みました!!

全国大会団体戦の決勝!そして大将戦!

ついに火ノ丸と久世が合い見えます!

火ノ丸相撲ネタバレ過去話はこちら

似た者同士だった小関とダニエル!

体格差もあった両者の勝敗は・・

前回詳しくは

火ノ丸相撲 144話のネタバレと画像バレ!145話の展開予想も!部長終戦!!

をご覧ください!
同時更新
約束のネバーランド39話のネタバレと画像バレと感想!40話の展開も!地下からの脱出?
では、早速火ノ丸相撲の145話のネタバレと画像バレ!いってみましょう!

Sponsord Link





火ノ丸相撲145話のネタバレと画像バレ

ユーマ、桐仁、國崎「よっしゃあああ!部長ぉ!!」


歓声を上げるダチ高相撲部の面々

必死で声を上げ続けた三ツ橋・・・そして試合を見つめていた礼奈や千鶴子も笑顔で副将戦の終戦を見つめます・・・



審判「すくい投げで東小関君の勝ち」

土俵で礼をする両者に観客席から惜しみない拍手が送られます。



試合が終わった小関・・・でもその表情は安堵したものとは程遠いもので・・・



ついに・・・ここまで来たな・・・



火ノ丸をプロに導くために・・・ダチ高の相撲部が必死なって連れてきた団体戦決勝戦!

その団体戦の決勝・・・そして優勝の大一番を大将に譲るシーンまで漕ぎつけることが出来た小関・・・

一勝もできなかった自分をここまで導いてくれた火ノ丸に・・・自分が出来る唯一の礼・・・



小関は火ノ丸に最後のバトンを渡すべく、真剣な表情で土俵をおりていきます・・・



東・・・潮君

潮火ノ丸(一年)

身長152cm

体重84kg


西・・・久世君

久世草介(一年)

身長195cm

体重145kg


両雄がついに合い見えます・・・



観客「おおおおおお!!鬼丸国綱と草薙剣!!団体優勝の行方は二人の国宝に委ねられた!!!」



歓声に包まれる会場・・・

Sponsord Link


そんな喧噪の中・・・・

柴木山「・・・団体戦優勝だけじゃない・・・」
大和国「・・・付け出し資格(プロ入り)をかけた全日本選手権への出場権・・・ですか・・・」



大和国「この歓声だ・・・今や誰もが彼の力を認めている・・・たとえこの機を逃しても彼ならいずれ必ずプロになれるでしょう・・・」

試合を見つめる親方同士・・・

その発言を遮るように・・・


駿海「違ぇよ・・・あいつはプロになりたいんじゃねぇ・・・横綱になりてぇのさ・・・機会は無限にあるもんじゃねぇ・・・」

そう言って自身最後の愛弟子を見つめる駿海・・・



俺は何年も待つつもりはねぇぞ・・・ましてやひとりでここまできたわけじゃねぇんだ・・・ここで勝てねぇで何が横綱よ・・・!

心の中で熱いエールを送る駿海・・・


そんな駿海の視線を背中に受ける火ノ丸は・・・



火ノ丸「みんな・・・相撲は・・・楽しかったか?」


土俵に上がる間際にチームメイトにそう語り掛けます・・・

火ノ丸の真意を測りかねるダチ高相撲部の面々・・・



しかし、そんなチームメイトの様子は関係ないというかのように火ノ丸は続けて・・・



火ノ丸「ユーマ・・・」

ユーマ「?」

火ノ丸「お前の真面目さ・・・真摯さはこの相撲部を引き締めてくれた・・・」

ユーマ「・・・」

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はるぱぱ より:

    熱い終わり方ですよね。見開き1ページでここまでテンションあがったことはあまりない気がします。

    さて、自分の予想ですが…

    なんだかんだで、最後は腕が限界迎えてしまって夜叉落としが完全に決まらない気がしますね。結果は敗戦ながら、全日本選手権には出場できるとかですかね。まぁ、もし天王寺も出れるとしたら、団体とはいえそれに勝った火の丸も出れないとおかしいですし…。

    全日本選手権編とかなったら、美月はどうなるんでしょうね…解説役でしょうか?