ドメスティックな彼女 142話のネタバレと画像バレと感想!143話の展開も!


ドメスティックな彼女 142話を読みました!

陽菜との再会でスマホにした夏生・・・

後日学校にいくと・・・


ドメスティックな彼女 ネタバレ過去話はこちら

大学のサークル室・・・

そこで出会った居眠り少女が実は演劇サークルフォレスターの脚本家だと知って、驚く夏生・・・

そこで夏生はその脚本家が次の舞台の脚本を書けないと知って・・・

前回詳しくは

ドメスティックな彼女 141話のネタバレと画像バレと感想!142話の展開も!陽菜が夏生の部屋に…

をご覧ください!

では、早速ドメスティックな彼女 142話のネタバレと画像バレ行ってみましょう!

Sponsord Link


ドメスティックな彼女 142話のネタバレと画像バレ

千佳「次の舞台の脚本はあなたに書いてもらうわ・・・藤井くん・・・」

夏生「え・・・俺っすか!」

急に告げられた千佳からの宣言に驚きを隠せない夏生・・・


夏生「ちょちょちょ待って下さいよ!俺脚本書いたことないんすよ!」

千佳「知ってる」

夏生「聞いてないですよ・・・だって最初は勉強してもらうって・・・」

千佳「だから今言ってるでしょ・・」

猛抗議な夏生・・・

それに冷静に答える千佳・・・



楢「そんな狼狽えなくていいって・・・新年度一発目は新人公演だから・・・」

笑いながら諭す楢に夏生は・・・

夏生「新人公演?」



いきなり大舞台ではなく新人公演・・・聞きなれない言葉に楢に聞き返す夏生ですが・・・



楢「キャストのほとんどを新入部員で構成して演るんだ・・歌舞伎で言う顔見世興行みたいなもん・・・その初々しさ目当てで毎年この公演だけ観にくるお客さんもいるんだよ・・・」

千佳「だから完璧なものを作ろうとしなくて大丈夫・・・」

楢「いつもは新人公演でも脚本は華が書くことでよりフレッシュ感出るかもな!!」



夏生を安心させようと、新人公演の概要を話す楢と千佳・・・



華「いいかもいいかも・・・」



就職活動で忙しい華も、その提案に大賛成で・・・



夏生「で・・・でも・・・」

Sponsord Link



夏生だけが戸惑っている状態・・・

千佳「どうする?断るなら他の一年に話を振ってみるけど」

夏生「え・・・・・・」



夏生の脳裏には、以前桐谷先生に言われた



”色んな経験が自分の作品作りに・・・”



その言葉を思い出して・・・



意を決する夏生・・・



「や・・・やります!」



そして夕方・・・



夏生は大量の資料を自宅のアパートに持ち込みます・・・



ドサっと置いた大量の紙袋に入った資料・・・



夏生(おっも・・・見本つって渡されたけどこんなに要るか?授業の課題も出たし、全部みれっかなぁ・・・)

資料の膨大さに次第に不安が押し寄せてくる夏生・・・



千佳(完璧なものを作ろうとしなくて大丈夫)



千佳に言われたことを思い出し、

夏生「・・・」



そー言われると半端なモンは作りたくねーし・・・仕方ない・・・頑張って研究するかー





最初から完璧を目指さなくていいんだ・・・そこからやる気を出して・・資料を見ていくことに・・・



しばらくして・・・



ディスプレイを観て号泣す夏生・・・



続きは2ページで

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする