火ノ丸相撲 最新147話のネタバレと画像バレ&感想!148話の展開も!必殺の型

火ノ丸相撲147話を読みました!


全国大会団体戦決勝戦、さらに大将戦!

決勝まで勝ち上がった国宝同士の激突

序盤は火ノ丸優勢で進んだ展開でしたが・・・

火ノ丸相撲ネタバレ過去話はこちら

突きで優勢に進めていた火ノ丸ですが・・・

久世はそんな火ノ丸の優勢をあっという間に覆してきて・・・

前回詳しくは

火ノ丸相撲 最新146話のネタバレと画像バレ&感想!147話の展開も!久世の一撃で

をご覧ください!

最近話題のこちらもチェックしてみてください!

ジャンプ+

では、早速火ノ丸相撲最新147話のネタバレと画像バレ行ってみましょう!

Sponsord Link


火ノ丸相撲最新147話のネタバレと画像バレ


優勢に試合を進めていた火ノ丸・・・

突きで久世を土俵際まで追い詰めた火ノ丸ですが・・・

久世が繰り出した一発の突きで土俵中央までフッ飛ばされ、意識まで刈り取られそうになる火ノ丸・・・



小関「潮!」

レイナ「くるよ!!」



震える脳・・・視界はぼやけていますが・・・



なんとか久世の姿をその目に映すことに成功する火ノ丸・・・



どんなに押し込んでも・・・たったの一手で・・・

覆される・・・


一瞬前までは、土俵際に居た久世が・・・もう火ノ丸の目の前まで迫ってきていて・・・


ミシ



火ノ丸の額に当たった久世の左肩・・・嫌な音を響かせながら火ノ丸を再び吹っ飛ばしに来ます・・・

そのまま吹っ飛ばされる火ノ丸の廻しを掴みに行く久世・・・



國崎「右上手!!」



右手が火ノ丸の廻しに伸ばされますが・・・

火ノ丸はケガをしている左肘でその久世の右手が自分の廻しに回ることを阻止します・・・


久世の一挙一動が・・・肉体を・・・精神を・・・すり減らす・・・

Sponsord Link



一つ一つの行動に・・・自分の背後にある敗北につながる恐怖感を覚える火ノ丸・・・

一つでも対応を間違えたら・・・死・・・



そんな考えが脳裏によぎった瞬間も・・久世が今後は火ノ丸の右胸を押し出す様に突きを食らわせ、火ノ丸を土俵際までフッ飛ばします・・・


その光景は・・・もう相撲とは呼べない・・・

観客の頭によぎる・・・一方的な展開への序章・・・



思わず

「・・・人が・・・あんな風に浮くかね・・・」

つぶやく人も・・・・





フッ飛ばされた火ノ丸も・・なんとか土俵際で踏ん張り・・・

向かってくる久世に対峙します・・・



桐仁「止まるな!横に動いて揺さぶれ!」

・・・久世は焦らず危険を冒さない・・・だから攻めにも隙が無い

そんな思いで火ノ丸に指示を出す桐仁・・・



火ノ丸はそんな桐仁の想いと声に呼応するかのように、スピードで左右に久世を揺さぶり始めます!

ドクン・・・ドクン・・・ドクン・・・



鳴りやむどころか早くなっていく火ノ丸の鼓動・・・

この胸の高鳴りは・・・・興奮なのか・・それとも・・・



続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひろま より:

    無茶苦茶熱いですね!白熱具合、バシバシ伝わってきます!!
    とてつもなく内容の濃い一話ですね…
    大和国の横綱の話も深くて重たかったです。
    はやく紙面で読みたいと思いました!

    • everlast より:

      ありがとうございます!
      伝わったなら良かった!嬉しいです
      (^∇^)

      久世草介の圧倒的な強さの前に、
      火ノ丸が限界に限界を超えた先、
      ギリギリのところで戦っているキリキリするような緊迫感とか文章で出していけるように頑張りますね!

      もう次回も楽しみで仕方ないです!!