火ノ丸相撲 最新148話のネタバレと画像バレと感想!149話の展開も!火ノ丸の母?

火ノ丸相撲148話を読みました!

頂上決戦!久世対火ノ丸・・・

壮絶な序盤、お互いに良い所を出し合った展開でしたが・・

徐々に勢いは久世に傾いて来て

火ノ丸相撲ネタバレ過去話はこちら

久世の圧倒的な力の前で為す術無く万事休すになりかけた火ノ丸・・・

でも・・・火ノ丸の勝機はいつも死地・・・一番危険な敵の懐で見出してきました。

決死の覚悟で久世の懐に飛び込む火ノ丸・・・

そして百千夜叉墜の型を取ることに成功した火ノ丸ですが・・・



火ノ丸相撲147話のネタバレと画像バレは



をご覧ください!

最近話題のこちらもチェックしてみてください!

ジャンプ+

では、早速火ノ丸相撲148話のネタバレと画像バレ行ってみましょう!

Sponsord Link




火ノ丸相撲最新148話のネタバレと画像バレ

両者自分が最も得意とする型でがっちりを組み合った火ノ丸と久世・・・


「鬼丸が下手を引いた」

「草薙も右上手だ!!」

両者の相撲特性をよく知る観客が、お互いの必殺の型で組み合ったことに興奮気味に声をあげます。



ガシ



火ノ丸も久世も一歩も引きません。

火ノ丸(元はと言えば・・・てめぇに勝つために編み出したんじゃ)

あれは新人戦での久世との対決の記憶・・・

左四つから巻き替え・・・胸を合わせて力負けした・・・



圧倒的な体格の差・・・

同じスタイルで、同じ横綱相撲を取ればだれもが目に見える結果・・・

でも・・・今回は違う・・

頭を久世の胸につけ・・・両前ミツ・・・

ここから・・・百千夜叉墜へ向かう無限の揺さぶり・・・



これが敗北を経てたどり着いたワシの必殺の型・・・


創意工夫と駿海という元横綱の師匠に巡り合った事で熟成させた・・・火ノ丸の進化の証・・・

久世の胸に頭をつけ・・・決して視線は久世に見せない火ノ丸ですが・・・その眼には依然とは違う絶対に自信を滲ませた修羅が住み着いていました!

Sponsord Link



そしてそれを正面から受け止める久世・・・

久世(わかってる・・・好きには暴れさせはしない)

火ノ丸を上から見下ろすような視線で見つめる久世・・・

外四つ・・・左を差して胸を合わせたいところだが・・・これでも・・・



狙うは新人戦の再現・・・

でも・・・それが叶わなくても・・・

十分に力は出せる・・・父から譲りうけた右上手・・・天命の型!!


火ノ丸は駿海から・・・

久世は父大和国から・・・

それぞれ受け取った最強の一手・・・



互いの喉元に・・・草薙の剣・・・鬼丸国綱の切っ先が触れ合う・・・一瞬でも気を抜けば・・・殺られる距離・・・



覚悟を決めた両者は・・・勝負を決定づけるべく静かな攻防を開始します。

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひろま より:

    お疲れ様です!
    状況としては組み合って動きのないシーンなのに、物凄く臨場感ありますね…
    しかし考えれば考えるほどこの状況からの鬼丸の勝ちの目が見えないので…回想からどんな展開になるのか、来週もとても楽しみです!

  2. はるぱぱ より:

    アップお疲れ様です。

    珍しく動きのない回でしたが、テンションは上がりますね!

    火の丸が持つ強靭な「心」。その大きな要因である母親とのやり取りの回想は火の丸をもう一段階燃え上がらせるかも知れませんね。
    個人的には全く同じ質問をしたレイナさんとのこれからも中々気になりますが。

  3. イデ より:

    ヤバいです。
    熱いですね!ホントに!

    草介がずっと求め続けていて、でも手に入らないだろうと諦めていた、魂の友というべきライバル。
    新人戦の後

    僕は彼を潰してしまったのでしょうか?

    と父である大和国に聞いた草介の真意が今回の148話で語られた形になりましたね。

    話的には、取り組み的には全く進んでいませんが、異様な興奮を覚えました(^^)
    次回も楽しみです!ありがとうございます