『同姓に嫌われていそう』だと男性に思わせてしまう女性の特徴 パート2

ネットで見つけた雑学紹介コーナー。前回好評だった、『同姓に嫌われていそう』だと男性に思わせてしまう女性の特徴の第2弾をお届けしたいと思います。



一人称が自分の名前である

これはかなりイタイ人なんではないでしょうか・・・イタイどころか、かなりの激痛です。同性から見てもぶりっこに見えるのは必至ですよね。できれば

小学校低学年くらいまでに卒業してほしい

Sponsord Link



男性の本音はそんな感じです。

自己主張が強くて、我が通らないと顔に出る

こういう人が女性グループの中にいて、話し合いの場でその女性が我儘をとおそうとした時の周りの女性の顔・・・

きっと引き攣ってますよね。そういうの見ると男性に限らずヒキますよね。周りの拒絶が空気を通して伝わります。そんな女性を男性が好ましく思うはずがありません。

たとえ意にそぐわないことであっても、周りの空気を読んで、笑ってやり過ごす『大人な姿勢』も大切ですよね。

飲み会の時、男性に囲まれている

女性はあまり面白く思わないですよね。本人にその気がなくても、周囲からは男好きに見えかねません。飲み会の席でこそ、普段話すことの少ない同性の素を覗くチャンスかもしれませんし・・・

下ネタ好き

男性はこういう女性は結構好きだったりしますが、女性同士ではどうでしょう・・・話のウケが男性よりということで、やっぱり同性の女性からは好ましく思われないかもしれません。

彼女のいる男性とも平気で打ち解けた態度で接する

これはかなりアウトかもしれません。モラルを疑われかねませんし、不倫しそうなんてあらぬ疑惑のもとになったりしてしまいそうです。
節度ある距離感を自然と身につけていると、同姓の女性のみならず、男性からも印象はかなり良いはず・・・

同姓に嫌われるのもやっぱりいやですが、嫌われているのを男性に感づかれるのもかなりイタイです。適度な距離感で、男女であっても友好関係を円滑に築いていきたいものですね。





以上『同姓に嫌われていそう』だと男性に思わせてしまう女性の特徴 パート2でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする