火ノ丸相撲155話のネタバレ<画像>と156話の最新展開&感想!三ツ橋、ユーマとの闘い

火ノ丸相撲ネタバレ一覧はこちら

火ノ丸相撲155話ネタバレ<画像>と156話の最新展開&感想!

火ノ丸相撲155話を読みました!


全日本選手権で3位に入賞が決まった火ノ丸・・・

全日本3位の選手にもプロとして入門資格がある・・・

しかし、その期限は一年・・・

高校に居てはプロになれない。

火ノ丸は高校を退学して相撲の道に入ることに・・・

そして別れの日・・・

仲間達はあの場所に集まる・・・

火ノ丸に果たし状を送って・・・

前回火ノ丸相撲154話のネタバレを詳しくは

火ノ丸相撲154話のネタバレ<画像>と155話の最新展開&感想!全日本選手権の結果は?

をご覧ください!



最新更新しました!

火ノ丸相撲156話のネタバレ<画像>と157話の最新展開&感想!まさかの電車道!

では、早速火ノ丸相撲155話のネタバレ<画像>行ってみましょう!

Sponsord Link


火ノ丸相撲155話のネタバレ<画像>


廻し姿に着替えた火ノ丸・・・



火ノ丸「さぁ誰から来るんじゃ?」

メンバーに声をかける火ノ丸・・・

その声にこたえるのは・・・

三ツ橋「僕でいいですよね!じゃんけんで決めたから恨みっこなしですよ!」

國崎「そう言えば審判がいねぇな・・・どうする?」

肝心なことに気が付く國崎・・・


火ノ丸「レイナ!お前審判やるか?」

レイナ「え?ワタシ?」

火ノ丸「経験あるじゃろ・・・目は良いっつってな」

初期の初期・・・審判をしたことがあるレイナ・・・



レイナ「あー・・・また随分と懐かしい話を・・・」



準備を始めるダチ高相撲部・・・

その様子を少し離れた所から柴木山親方と出稽古に来ていた後輩たちが見守る・・・



「あぁもっと近くで見たいなぁ」

柴木山「フフ・・・気持ちは分かるが・・彼らだけの時間だ・・・邪魔しないであげよう」



レイナ「礼!」

火ノ丸と三ツ橋・・・

お互いに体格に恵まれない力士同士・・・

でもその歩んできた道・・・そして相撲のスタイルは全くの逆・・・



礼をして顔を上げた火ノ丸は・・・

三ツ橋の鍛えあがられた肉体を見て・・・

火ノ丸「大きくなったな・・・蛍・・・背もまた伸びたんじゃねぇか?」

三ツ橋「へへ・・・あの頃に比べたら・・・廻しも似合う様になったでしょ?」

ガリガリでヒョロヒョロのチビだった三ツ橋・・・

そんな三ツ橋が火ノ丸に憧れて始めた相撲・・・

Sponsord Link



上気した頬・・・恥ずかしそうに入部届を持ってきたあの日・・・

あの日から今日まで歩んだ道は・・・小柄な少年を精悍な力士に変えた・・・

引き締まった肉体をパンを叩き、火ノ丸を見つめる三ツ橋・・・




國崎「さて・・・何秒持つかな」

しかし、それでも火ノ丸に勝てるとは思っていない・・・でも・・・



三ツ橋「・・・僕が相手だからって手は抜かないでくださいね・・・全力でお願いします」

土俵中央に手を突き、向き合った時・・三ツ橋が火ノ丸に頼み込んでくる・・・

その心意気・・・

火ノ丸の口元に浮かぬ笑み・・・

スイッチはすぐに入る・・・



火ノ丸「言われるまでもねぇ」

その目は真剣勝負の時の火ノ丸の目・・・


三ツ橋に手を抜くなんて失礼なことは火ノ丸は絶対にしない・・・

送り出す側・・送り出される側・・・

全身全霊でそれにこたえるのだ・・・



続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. “動く火ノ丸が見たい派” より:

    火ノ丸と“同様に”身体が出来てなかったんじゃないでしょ三ッ橋は。まぁ、「本気で」と言ったからには火ノ丸に勝てるとは思わないけど、作中唯一の勝ちシーンは小学生に勝った一番だけになりそうだな…。元々の身長が164㎝で4、5㎝は背が伸びた様に見える三ッ橋は既に入門条件を満たしてることになるのか。…来年なら“疾風の引き足”さんくらいになら勝てそう。来年当人は居ないけどw……てか、ユーマの試合もあっさりだなぁ~wだけどユーマメチャイケメン!誰か『読み切り版』のクズユーマと比較画像作って。……「もうちっとだけ続くんじゃ」が本当に続きそうで嬉しい。最低次のCカラーまではいけそうですね。

    • イデ より:

      ダチ高の面々との最後の真剣勝負なので、もっと掘り下げてやってくれるかと思いきや、
      思いの外あっさりしていてびっくりでした。
      でも、次の国崎戦は、見たかったファンは多いですよねきっと!自分もその1人です