火ノ丸相撲155話のネタバレ<画像>と156話の最新展開&感想!三ツ橋、ユーマとの闘い






土俵に仰向けに倒れる三ツ橋・・・

三ツ橋「はぁはぁ」

その表情は悔しさが滲んでいて・・・

Sponsord Link





勝ちたかった・・・僕も・・・

涙をこらえながら

三ツ橋「ありがとうございました」

涙声にならないように・・・かっこ悪い姿を火ノ丸に見せないように・・・

でも・・・

来年じゃなくて・・火ノ丸さんの前で・・勝ちたかったなぁ・・・


唯一の心残り・・・

そんな三ツ橋に仲間達は何も言わない・・・

いや・・・一人・・・



ユーマ「しんみりするには・・まだ早いぜ!次は俺だ!」

三ツ橋と変わるように土俵に上がってきたのは・・・

ユーマで・・・



ユーマ「元はと言えばてめえを倒したくて始めた相撲だ!この日に備えて引退後も自主トレは続けてきたんだぜ!!」

バンテージを撒いた拳を打ち鳴らす様にユーマが火ノ丸に相対する・・・


火ノ丸「うへへ・・・がっかりさせんなよユーマ」

ユーマ「上等!」

意気揚々と土俵に上がるユーマ・・・その様子をじーっと見守る妹のレイナ・・・



レイナ「はっけよい」



今度はぶちかまし勝負ではなく・・・火ノ丸がユーマに合わせた張り合い・・・


ドッドッドッドッド

全国大会決勝までいったチームの選手が打ち鳴らす張り合いの音・・・

ドッドッドッドッド

深く響く張りの音

火ノ丸とユーマの表情も真剣そのもので・・・

後輩「うわ・・本気の張り合いだ・・・送別相撲って言うからもっと和やかだと思ってたけど・・・」

柴木山「・・・本気じゃなきゃ意味がないのさ・・・」

互いに・・・思い残すことがない様に・・・

言葉はいらない・・・互いの気持ちを・・・相撲に乗せて送り出す・・・



ユーマ「あぁ!!!」

全力で繰り出す一発一発の張り・・・



おめーには借りがある・・・ありずぎて・・・とてもじゃねーけど返しきれねぇ・・・

勘違いして突き進んだ高校生活・・・しかし、いきなり現れた一年生に自分が如何にカッコ悪いか思い知らされた・・・


お前と出会ってなかったら・・どうなってたろうな・・・俺は・・・感謝してる・・・

俺・・大学行っても相撲続けるよ・・・楽しいんだ・・・相撲・・・


相撲を知るたびに・・遠ざかる・・・その背中・・・

ユーマは一撃必殺にかける!!

火ノ丸の膝裏に足を引っかけ、・・・その反動を利用して・・・



その背中は遠ざかる・・・でも・・・せめて最後に一度くらい勝って



ユーマ「おらぁああ」

渾身の一撃を放つユーマ・・・

破城掌


一度くらい勝って・・・胸張らせてくれや!!



しかし、渾身の張りも・・・

火ノ丸の前進を阻むことは出来ない・・・

張りを顔面に受けながらもその目をユーマを見続ける火ノ丸・・・


その目をみて負けを確信してしまうユーマ・・・

ユーマ「くそ」しかし、その口元には笑みが浮かんでいて・・・



相撲部に入って一番伸びたのはお前じゃユーマ・・・胸を張れ!お前の努力がみんなの夢を叶えたんじゃ・・・

ユーマ!!!



ユーマに突きを返す火ノ丸・・・

プロ力士の渾身の張り・・・

それを顎に食らったユーマは・・・



最後じゃねぇさ・・・相撲続けてりゃ・・・きっとまたやれるさ・・・ユーマ・・・


レイナ「勝負あり!」



審判の勝鬨も終わり・・・

Sponsord Link



レイナ「大丈夫?」

倒れ伏すユーマに声をかける礼奈・・・

ユーマ「あ・・ああ・・・悪いな・・・相撲部に入ってから負けてるところばっか見せちまってよ・・・」

レイナ「・・・ううん・・・格好良かったよ・・・ダチ高最強だったあの頃よりも・・・ずっと・・・」

レイナは兄を笑顔で称える・・・


そして・・・

國崎「はっはっは!!少しは体温まったかよ・・こっからがメインイベントだぜ!国宝鬼丸!!」

火ノ丸「・・・よぉ国宝喰い」

國崎「アメリカに行く前に・・・未来の横綱食わせてもらうぜ」


口を開けて火ノ丸に近づいていく國崎・・・

次回は激戦必至!!


火ノ丸相撲156話の最新展開と感想

おまたせしました!!

どうなるかと思いましたが、三ツ橋とユーマと火ノ丸の戦い・・・

結構熱かったですね!!

特にワケアリとも言えるユーマと三ツ橋・・・

懺悔の為に相撲を始めたともいえるユーマと・・・

火ノ丸と同様に体が出来ていなかった三ツ橋



2人とも火ノ丸の魂に触れて変わっていった戦友なので、こうして火ノ丸と戦うのを見るとちょっと思うところもあったりしますが、

優しさと心意気が上手く合わさった良い相撲を取ったのではないかなと・・・

今後ユーマはわかりませんが、三ツ橋と相撲を取る機会が火ノ丸にあるかわからないのがちょっと心残りですよね・・・

特に三ツ橋は火ノ丸が同じチームにいるうちに勝利を手にしたかったはず・・・それが出来なかったのは本当に無念でしょうし・・・

火ノ丸はぜひ、来年のダチ高相撲部の試合を観に行って、三ツ橋が勝つところをその目で見てあげて欲しいなと思いますね・・・


火ノ丸相撲156話の展開

さて、次回は國崎と火ノ丸の国宝対国宝喰いの対決です。

今回のユーマや三ツ橋は言ってみれば火ノ丸の魂に憧れた二人でした・・・

しかし、國崎は火ノ丸と魂で共鳴しあった戦友です。

互いに高みに向かうシンパシーで繋がったチームメイトで、互いにライバルであるはず・・・

相撲初心者だった國崎が、火ノ丸も勝つのに苦労した日景を打ち負かす大金星まであげる程の力士になって、火ノ丸の前に立ちふさがります。

國崎も稽古で火ノ丸の百千夜叉墜を何度も受けているはずで、対策もしてきているはず・・・

努力で修羅道を歩む火ノ丸と・・・言ってみれ格闘技エリートの國崎・・・

2人が取る最後の相撲・・・

国宝がその威力を示すか・・・

国宝喰いがその猛威を振るうか・・・

次回火ノ丸相撲156話は久世戦並に熱い戦いになるかもしれないですね!!!

次回も楽しみです!!

最新更新しました!

火ノ丸相撲156話のネタバレ<画像>と157話の最新展開&感想!まさかの電車道!

国宝である火ノ丸と

国宝喰いの國崎の闘い・・・

そして・・・盟友であり戦友である小関との対決に挑む火ノ丸ですが・・・

まさかの電車道で・・・



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. “動く火ノ丸が見たい派” より:

    火ノ丸と“同様に”身体が出来てなかったんじゃないでしょ三ッ橋は。まぁ、「本気で」と言ったからには火ノ丸に勝てるとは思わないけど、作中唯一の勝ちシーンは小学生に勝った一番だけになりそうだな…。元々の身長が164㎝で4、5㎝は背が伸びた様に見える三ッ橋は既に入門条件を満たしてることになるのか。…来年なら“疾風の引き足”さんくらいになら勝てそう。来年当人は居ないけどw……てか、ユーマの試合もあっさりだなぁ~wだけどユーマメチャイケメン!誰か『読み切り版』のクズユーマと比較画像作って。……「もうちっとだけ続くんじゃ」が本当に続きそうで嬉しい。最低次のCカラーまではいけそうですね。

    • イデ より:

      ダチ高の面々との最後の真剣勝負なので、もっと掘り下げてやってくれるかと思いきや、
      思いの外あっさりしていてびっくりでした。
      でも、次の国崎戦は、見たかったファンは多いですよねきっと!自分もその1人です