ドメスティックな彼女152話のネタバレ<画像>と153話の最新展開&感想!謎の痴女現る?



夏生「あの・・いつもこんな感じなんですか?」

檜山「だいたいこんな感じだね」

Sponsord Link



呆れるようにかやの外で同じく喧騒を避けるように入浴していた檜山に尋ねる・・・

そして・・・打ち上げの時・・・

楢「それじゃ・・・GW合宿お疲れ様!カンパーイ」

ジョッキ片手に乾杯の音頭を取る楢・・・

各々が料理やお酒に舌鼓を打つ中・・・



「お前桑名さんと知り合いなの!」

夏生に興奮気味に話かけた水沢・・・

夏生「あ・・あの人桑名さんって言うんですか・・・」

謎の隣人の名前をやっと知る夏生・・

水沢「大学じゃ有名人だぜ?」

夏生「マジすか?どういう人なんです?」

黒桂「どういう人って聞かれてもなぁ・・・一説には大財閥の御曹司って話だぜ?」

楢「俺が聞いたのは実は裏社会を牛耳るメンバーだって・・・」

水沢「確か芸能人相手に占い稼業してるって噂も・・・」


「一体何者なんだろうなぁ・・・」



夏生含め先輩方も知ってはいるものの、桑名の存在の不思議さに戸惑っている様子・・・

やはり正体不明・・・



そんな和やかな中・・・



「いい加減に吐けよ」

響き渡る怒号



「どうしても言わないんだったら・・絶交だからな!!」

「そうだ!これは信用の問題だ」



宴会に響く穏やかじゃない怒声・・・



楢「どうした?何かトラブルか?」

そこは夏生の同室笠井達の席で・・・

Sponsord Link



笠井「聴いてくださいよ!こいつ・・・彼女いねーのに昨夜の内に童貞捨てたんです!」

黒桂なんだって?昨日俺らがこいつ<夏生>に付き合ってるうち間にそんなお楽しみを・・・相手に誘われたって事は聞き出したんですが・・・名前は口を割らず・・・」

一年生「なんと!」

黒桂「女の方から・・!待て・・・これはあれじゃないか?俺たち男の多くが遭遇を夢見てやまない・・・女のUMA」


笠井、水沢、一年生、黒桂、夏生、楢「痴女」


水沢「マジか!」

黒桂「いいから吐け!外見の特徴でもいいから」

俄然ヒートアップしていく男性陣・・・



楢「待て!口止めによって次の機会を匂わせているならどんな尋問も無駄だろう・・・ここは知り得る情報で推理した方がいいんじゃないか?」



確かに・・・



続きは3ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. イデ より:

    なんかとっても微妙な回でしたね〜

    主演女優との和解から、テンポよく本番みたいな流れになって欲しかったところなんですけど…