インフェクション73話のネタバレ<画像>と74話の最新展開&感想!晴輝の紗月への気持ち



なんで・・・?ノーブラ?ブラ洗濯中?

紗月がブラジャーをしていないことで取り乱す晴輝・・

うう・・落ち着け・・・


自分になんとか自制を利かせようと懸命に理性を総動員させる晴輝・・・



しかし・・・

Sponsord Link



一度は兄弟みたいなままでいようと決めたけど・・・それは正しかったのか?

幸せってなんだ?

ま・・まずは俺が紗月をどう思ってるかがわからないと・・・



俺は紗月を<妹>と<異性>

どちらで見ているのか・・・



頭が混乱し・・・幸せとは・・・などと哲学的なことまで一時頭に浮かぶ晴輝・・・

しかし、あくまで問題は自分自身が、紗月をどう思ってるかだと結論付けた晴輝は、

なんとか自分の気持ちがなんなのか・・・

自分に向き合おうと必死になっていると・・・



紗月はそんな様子の晴輝を隣でじーっと観察し続ける・・・

長い付き合いの晴輝と紗月・・・

紗月には今現在晴輝が何を考え、何に苦悶しているのかはっきりと理解できる・・・



紗月にとって打つ手は・・・

紗月「ねぇ・・ハル君・・・」

晴輝「ん?なんだ?」



紗月「ギュってしていい?誰も見てないとこでもう一回ハル君に再会で来たって実感したいの」

笑顔で手を広げる紗月・・・

紗月「ダメ?」

晴輝「・・・」

晴輝はまたも苦悶の表情を浮かべる・・・

断る理由はない・・・抱き合って喜び合うくらい俺たちにとって普通だ・・・だが・・・

紗月は今・・・



ノーブラだ!!!


抱き着かれたら当然俺に隠れて大きく育ったあの双丘が・・・俺の体に押し付けられる!!

あの魅惑的な双丘が・・・

それはなんか・・・



普通とは・・・



その双丘が押し付けられた状態で・・・俺は・・・男として・・・



いや!違う!これは好機!!!!

俺が平気なら今まで通り・・・意識してしまうなら異性として見ていたとわかる!

ここが大きな分かれ道だ!!

Sponsord Link



晴輝は覚悟を決める・・・



晴輝「ああ・・おいで紗月」



大きく手を広げ、紗月を抱きしめるために・・・その懐を開く・・・


紗月「・・・」

紗月にとっても天下分け目の決戦・・・



紗月「じゃあいくよ・・・」

晴輝「おう・・・」



両者の思惑が交差する・・・



むぎゅ


紗月は晴輝に抱き着き、ぎゅっと晴輝の腰に手を廻し、自分の体を晴輝に密着させる・・・

それはあざとく・・・自分の魅力が伝わるように・・・

胸の双丘だけでなく、鼓動までも感じられるように・・・


むぎゅ・・・

むぎゅううううううう

とスキ間なんか一ミリも無いんじゃないかと思う程、体を密着させる紗月・・・



そして・・・紗月はおそるおそる晴輝の様子をうかがう様に顔をあげると・・・



続きは3ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. イデ より:

    紗月回でしたね〜
    物凄いメンタルの回復の早さです!

    きららと晴輝の情事を想像して吐いたばかりなのに、
    高木にチャンスをもらうとすぐさま既成事実を作ろうと行動する…

    やはり、長年天宮家と関わりがあっただけあって、その行動力は超一流(笑)

    晴輝もあれほど、紗月は妹だと思っていたのに、すぐに陥落(笑)
    きららにとって紗月は晴輝にとっても恋愛対象にならないと踏んでいたはずなのに…

    晴輝に
    俺やっぱり紗月を女として見てたっす

    なんて言われたら…

    • キュア より:

      ハーレム候補が一人増えるだけだからきららとしてはそのこと自体はそこまで気にしないとして、本当に警戒してるのは紗月の独占欲なんだよな。

      • イデ より:

        きららは紗月とは犬猿の仲ですからね。
        今まで苦楽を共にしてきたらぎ姉なら兎も角、
        前々から嫌っていた紗月が、合流した途端に正妻面されたら流石に…
        っていうのはありますね。

        紗月に独占欲がなくてもちょっときららに紗月を許容出来るか心配なとこあります。

      • 獅子の瞳 より:

        ハーレムはOK…

        この世界の日本は一夫多妻みたいなのはわりとOKな国なのだろうか……?
        きららとちょっと違うが麗姉さんはあんまり抵抗なくて、蓮華さんも選択肢の1つみたいな言い方してたけど…

        • ドイ より:

          次の瞬間には死ぬ可能性がある、そういう空間だからではないでしょうか?

  2. イデ より:

    きららと紗月より気になるのが、
    あまり表面化していないけれども、仲が悪い
    らぎ姉と高木

    晴輝軍の主力の2人。でも、らぎ姉は正体のわからない高木が敵の手引きをしていると疑っている。
    らぎ姉の事だからヘマはしないと思いますが、高木にはらぎ姉が高木の事を調査していることがバレると思います。

    実は高木は、らぎ姉の家に恨みを持つ一族というか、政治的な政敵だった可能性もあり、

    高木がらぎ姉に対して最後までヘラヘラしてるかわからないですよね?

    • ドイ より:

      高木は晴輝との件でらぎ姉に可能性があると思ってたのか、と言ってますし、らぎ姉に調査されている事も気付いていると思います。
      そもそも、高木が銃火器を扱えたり、調達出来たりしたのは、確実に黒幕と関係があるからでしょうね。

      天宮家、らぎ姉、高木、離れた地域にいる榎並と小鳥、どうなるんでしょうかね。

      晴輝の紗月に対する気持ちは、単純に歳が近い上に晴輝もほぼ未経験だから整理が付いていないだけ、でしょうね。
      ここで晴輝が整理をつけてしまってスパッといってしまうと、紗月が自暴自棄になるか、特にきららが死ねば良い、という行動をとろうとしてしまう、或いは高木の意図、即ち今後の展開が見込めなくなるから、だと感じます。

    • 獅子の瞳 より:

      保菌者騒動という未知の異常事態が起きても、普段と全く変わらない高木に不自然さをらぎ姉は抱いていましたからね。

      そして、その疑念もらぎ姉の中には未だに晴れず…

      高木も春輝がらぎ姉と仲良くなろうと話し掛けようとした時の顔が、好意的な雰囲気じゃなかったですもんね。
      イデさんが言うように前々から知っていて、なにかしらの因縁があったのか…

  3. イデ より:

    保菌者騒動の黒幕の意図もよくわからないですよね。
    黒幕は螢の協力者をピンポイントで潰していっているみたいですが、
    もし高木が黒幕関係者だったら、晴輝達がもっと窮地に陥るように立ち回ると思いますし、
    真っ先に神城を狙うんじゃないかなと…

    • キュア より:

      神城を殺すのはさすがに難しいんじゃないかな?
      高木は人類を皆殺しにしたいんじゃなくて晴輝の能力をどこまで引き出せるか見てみたいという好奇心で事件を起こしたのかもしれない。

      • イデ より:

        もし、保菌者騒動の進展に高木が絡んでいて、
        高木の目的が晴輝の能力だったら、
        晴輝の動向によっては、騒動の結末が変わって来る可能性ありますね。

        晴輝がハーレム状態から誰か1人を選ぶ。
        選んだ人を高木が殺す。

        晴輝発狂から覚醒みたいな展開あるかもしれません。
        そうなって欲しくはないですけど…
        絶対嫌ですけど…

  4. 獅子の瞳 より:

    螢兄さんは“共感覚”っていう能力で、相手の感情を見抜きやすい性質を持ってますが、それに高木が引っ掛かっていないのかと疑問に思いますが…

    高木の不穏な物に全く気づかなかったとすると…
    螢が送り込んだ助っ人が高木入れ代わって紛れ込んだとか?
    妄想レベルな発想かもしれませんが

    • everlast より:

      高木が本来螢が送り込んだ仲間と入れ替わった可能性はあるかもしれないですね!!
      でも、螢と高木は元々面識あるはずですし、
      その時に共感覚で晴輝に螢が

      「高木は気をつけろ」
      とアドバイスすると思うんですよね・・・

      晴輝は螢が嫌いだから聞いてなかったのかもしれないですが・・・