ドメスティックな彼女【208話】懸ける価値最新話のネタバレと感想!209話の考察

Sponsored Links




2018年11月7日発売の週刊少年マガジン49号に搭載されるドメスティックな彼女208話を読みました!

ドメスティックな彼女【208話】懸ける価値最新話のネタバレと感想!をお送りしたいと思います!

前回は

遠距離恋愛中の夏生とルイ・・・雅が夏生に突然キスする中、ルイはニューヨークで梶田との関係に変化が訪れていて・・・

以下、ドメスティックな彼女【208話】懸ける価値最新話のネタバレをしていきます。
その前にぜひ

漫画を無料で読む方法もご覧ください!


>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なFODで好きな漫画を無料で読む


ドメスティックな彼女【208話】懸ける価値最新話のネタバレ


梶田の発言にダニエラは興奮気味に・・・

「自分はルイとの仲を疑われてもいいって事?」

と問いかけると・・・

梶田はクールに
「そういうことを疑われても俺は別に迷惑を被っているわけじゃない・・・それだけだ」

と返答。

あくまでもルイに興味がないかのような仕草を見せる梶田・・・

ルイ自身も自分の返答のおかしさを認識していて・・・作業の後に、梶田の個人的に謝罪する。

「別に気にしてない」

梶田の返答はここでもクール・・・でも・・ルイはこのクールさに救われているところもあって・・・



「やっぱ持つべきものは頼れる友人だね!」

凄いホッとしたかのような笑顔を梶田に向ける。

この笑顔にも平然と対応した梶田・・・でも・・振り向き部屋に戻ろうとする梶田の顔はとても赤らんでいて・・・


一方・・・
日本では

夏生にキスしてしまった雅が立ち直れずに寝込んでいる・・・

自分ではどうしようもないくらいに落ち込んでいる雅は、友人に助けを求めるが・・・

友人の予定をキャンセルさせ、自宅に呼んだ雅・・・

なぜ自分がこんなにも落ち込んでいるかを話すと

なぜか爆笑されてしまう。

「そんなんで3日も死んでるとか面白すぎでしょ」

しかし、雅はそれどころじゃない・・・


「そんなの死ぬほど後悔してるからじゃない・・・なんであんなことしたんだろって・・やっと私の方少し振り向いてくれたと思ったら元カノと仲良さげに現れるし・・・なんか絶望感でわけわかんなくなって・・・絶対嫌われたに決まってるもん・・・」

泣き出す雅・・・

しかし・・・それは友人からすれば最適解・・・

「いい?次顔合わせても絶対に謝っちゃダメ・・・気まずそうにしてもはぐらかしてもダメ・・・全く何もなかったようにするの・・・そうすればキスがじわじわ効いてくる」

雅に悪魔の様なアドバイスを授けていて・・・

夏生は夏生で陽菜に食材を届けてもらっていた・・・

そのついでというかのように陽菜は夏生に・・・

「おススメの本」

といって冬野秋子のオレンジカレンダーという本を手渡す・・・

ほんの気持ち・・・陽菜にとっては激励の様なもの・・・

夏生は表情を変えずにその本を受け取るけれど・・・

陽菜は帰っていき・・・夏生はそれを見送ると・・・再びデスクに座り、原稿用紙と向かい合う・・・

しかし・・・

翌日・・・

喫茶店に担当の蔦谷と向かい合う夏生・・・

「本当に申し訳ありませんでした」

蔦谷はいきなり夏生に頭を下げて謝罪する。

「そんな・・・頭をあげてください」

「キミの心中を思うと胸が痛んだ・・・盾になれるのは俺だけだたのに・・・」

自分が今回の件を止められなかったことをひどく悔やむ蔦谷・・・
そしてけじめじゃないが・・・

「新紅社を辞めようと思っている」

そう夏生に告げる蔦谷・・・
辞めてフリーになって編集者になろうと・・・そうすれば・・・会社の言いなりにならなくて済む・・・

「そんな・・ダメです辞めるなんて」
「君とももっとじっくり作品作りできるんだ・・・だから」



「ダメです!!!!!!」

いきなり大声で蔦谷の話を遮る夏生・・・

「俺にはそんな価値ないんですよ・・・」

「え・・・」

夕方・・・部室で夕日を観ていた夏生・・・

そこに雅がいきなりやってきて・・・

「あ・・・」

思いがけない再会・・・

雅は友人からのアドバイスもあり、自然体で夏生に接しようとするがどうしてもキスを意識してしまい・・

そんな雅の背中に夏生が

「なんかごめん」

と声を掛ける。

自分が雅の気持ちに気が付いてなかったのではないか・・・
それが原因で何か雅に失礼なことを言ったのではないか・・・

夏生はそのことを気にしていて・・・

全然そんなことはないと答える雅・・・

重たい空気になりそうだったこともあり、雅は・・・

「ここで何してたの?」

話題を変えようと話を振った・・・

「私物を取りに来てたんだ・・・すぐ帰るつもりだったのに・・・」

「私物?」

「サークル抜けようと思っててさ」

え!

「俺・・・小説書けなくなっちゃったんだよ」


Sponsored Links




ドメスティックな彼女【208話】懸ける価値最新話の感想!209話の考察


全てを押し殺したかのような表情で雅に告げた夏生・・・

この作品、ハッピーなターンとダークなターンのふり幅がハンパないです・・・

最近の一連の展開は明らかなダークサイドよりで中々楽しい展開になってこないのがモドカシイ・・・

陽菜との決別からルイとの仲までは結構ハッピーな展開が多かったのに、陽菜の帰還から色々あり過ぎと言うか・・・

このままルイと別れて陽菜と・・・

みたいな展開になるんだろうか?

ドメスティックな彼女という作品のタイトルだけあって、夏生の彼女は基本陽菜かルイになってくるんでしょうが・・・

夏生が辛い時期にそばにいて支えてあげられる陽菜が現在はルイよりも一歩先にいる印象。

果たしてどうなる?

ドメスティックな彼女209話の考察


次回209話・・・

やはり夏生がトラウマもあって小説を辞めてしまうことへの周囲の反応回になる気がします。
まだ夏生がスランプを通り越して小説がトラウマになっていることを知らない陽菜とルイ姉妹・・・

一番夏生のことを理解しているはずの姉妹より、夏生が抱える闇が深いことを知ってしまった雅・・・

まぁ・・・この場合は雅VS陽菜になってくるのかもしれませんが・・・

陽菜が夏生の闇を知った時に、ストーリーが急展開に動き出す予感!!

次回週刊少年マガジン50号は

2018年11月14日発売予定です!

まとめ

以上、ドメスティックな彼女【208話】懸ける価値最新話のネタバレと感想!209話の考察をお送りしました!

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが増します!是非ご覧になって見てください!

>>>好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

今週号の週刊少年マガジンの他の作品のネタバレはこちら

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です