ぼくたちは勉強ができない【88話】最愛の星に[x]の名を④最新話のネタバレと感想!89話考察も!

2018年11月19日発売の週刊少年ジャンプ51号読みました!

ぼくたちは勉強ができない88話も読みましたので早速最新話のネタバレと感想をお送りしますね!

前回は

父親の事を思い悩んで無理をしてしまった文乃は唯我家でも大失敗!

結局寝不足で寝込んでしまった文乃は今日の分の勉強と飛び起きたところで成幸にデートを申し込まれて・・・

前回詳しくは

ぼくたちは勉強ができないネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なFODで好きな漫画を無料で読む


Sponsored Links



ぼくたちは勉強ができない【88話】最愛の星に[x]の名を④最新話のネタバレ

夜静まりかえった家・・・

そこに文乃の父零侍が帰宅する。

リビングに帰りつくと、明かりがついていることに気が付いた零侍・・・

「おかえりなさい」

そこにはソファーに座り父の帰りを待っていた文乃がいて・・・

その文乃をそっと見つめると

「なんだ家出ごっこはおしまいか?お前の覚悟など所詮その程度だったと証明されたわけだな」

そう文乃に言い放つ零侍・・

でも・・・文乃は冷静に・・・

「今日はね・・・とってもいい夜だったの」

そう話し始める・・・

 

デートに文乃を誘い出した成幸・・・

自転車に乗って人里離れた森にやってくる

 

勉強しないといけないのに・・・デートってまさか!

頭の中で色々妄想を繰り広げる文乃に

「ついたぞ古橋」

と成幸が声をかける・・・

 

 

そこは木々が開けた空を見渡せる場所で

「結構いいだろ・・・ここらじゃ一番きれいに見える」

満天の星を見上げることが出来る場所

レジャーシートを広げて座り、成幸はタンブラーに入れてきたお茶を文乃に差し出す。

2人でまったりとお茶を飲みながら星を鑑賞

文乃は改めて空を見上げると

「あ!アンドロ」

「アンドロメダ、ペガサス、ケフェウス、カシオペア、ペルセウス」

成幸が指差しながら夜空を彩る正座を言い当てる。

以前お祭りの時に色々教えてくれた文乃・・・あれから密に勉強していた成幸の成果・・・

 

勉強してくれてたんだ・・・

テンションが上がった文乃は成幸に正座の講義を嬉々としてし始めて・・・

その活き活きとした文乃を成幸も嬉しそうに眺めながら、文乃の星の講義に聞き入る。

そんな文乃を見て・・・

「そういう話・・・親父さんとは?」

ぼそっと文乃に切り出す成幸・・・

こんなに星が好きだって事・・・ちゃんと話したことはあるのか?と・・・

しかし、文乃は首を振る

話を聞くわけないと・・・

しかし、成幸は自分が星に興味を持ったのは、文乃が楽しそうに話してくれるからだと切り出し

「星のこと話してる古橋・・・俺は好きだけどな」

いきなりそんなことを言い出す成幸に、文乃は飲んでいたお茶を吹き出し慌ててしまう。

しかし、成幸はあくまで冷静に・・・

「ちょっとだけ頑張ってみないか?」

文乃と父親のこと・・・

自分にはどうすることも出来ない・・・文乃自身が向き合わなければいけない問題なんだと・・・でも・・・誰がなんと言おうとも・・・

「お前が本当にやりたいこと!俺が全力で応援してるからな!」

 

力強くそう文乃に宣言した成幸・・・

文乃は家に戻り、こうして父と対峙している・・・

「夜がどうした・・・さっさと要件を言え」

零侍は相変わらず文乃に冷たい視線を放っている・・・

「あの・・お父さん・・わたしやっぱり天文学を・・・」

「認めるつもりはない」

 

冷たく言い放つ零侍・・・文乃には取り付く島もない

父の態度に・・父の言葉に心が折れそうな文乃・・・でも・・・

 

 

俺が全力で応援してる

 

心に残る成幸の一言・・・

「戯言じゃない」

去っていこうとする父の背中に自分の想いをぶつける文乃!

いきなり大声でそう言ってきた文乃に、驚いた零侍は振り返る・・・

その零侍に文乃は

 

「お母さんが元気だったころにね・・・よく二人で星を見たの・・・それが私の原点なの!星が好きなの!」

自分の想い・・・母から教えてもらった星の話・・・その話を聞いてドキドキが止まらない事・・・

星が織りなす物語が好き・・・星の名前を紐解きその意味に想いを馳せるのが好き・・・

 

「ねぇ・・お父さん・。・・こんなに愛しいことはないと思わない?」

 

その星への想いを語る文乃に零侍はかつての妻の姿を重ねてみてしまう・・・

 

かつて妻が自分に数字が如何に好きかという話をしたときの妻の表情と・・・

今星の話をする文乃の表情が同じことに・・・

 

こんなに愛しいことはないと思わない?

 

かつて数字を前に零侍にそう語った妻・・・

 

文乃も全く同じことを星に託していることを知った零侍は・・・

でも・・・それでも・・・

「認めるわけにはいかない」

文乃には才能がある・・・その才能に恵まれながらそれが活かされない事は損失でしかない・・・

母静流だってそう思っているはず・・・

父には父の想いがあった・・・でも・・・

文乃はそっと母の残したノートパソコンを取り出すと・・静かに起動させる

 

「それじゃあ・・・お母さんに聞いてみようか」



Sponsored Links



 

ぼくたちは勉強ができない【88話】最愛の星に[x]の名を④最新話の感想!89話考察も!

星デートとは成幸も洒落たことをしますね!

文乃が星が大好きなことを知った上での星デート・・・

凄く素敵だと思いました!

そして星で勇気づけた後に、文乃を父の元に送り出す。

成幸カッコ良すぎでしょう!

零侍もやはり文乃の才能を考えて天文学を反対していた節が見られて、今回の愛の深い話だなと思いました!

ぼくたちは勉強ができない89話の考察

さて、ぼくたちは勉強ができない89話についてですが・・・

ノートパソコンのパスワードの話ですよね勿論!

一回パスワードを間違えると、そのデータがすべて消去されてしまうという鬼仕様の静流のノートパソコン。

零侍はきっと恐ろしくて中身が見たくても手が出せなかったもの・・・

そのパスワードを試してみようという文乃・・・

母の事を想う文乃のパスワードなのか

それとも静流の数学への愛をしる零侍が思うパスワードなのか・・・

母に聞くという文乃の真意・・・楽しみですね

 

次回ぼくたちは勉強ができない89話が搭載予定の週刊少年ジャンプ52号は2018年11月26日発売予定です!

まとめ

以上、ぼくたちは勉強ができない【88話】最愛の星に[x]の名を④最新話のネタバレと感想!89話考察も!の記事でした!

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です