アリスと太陽【20話】最新話のネタバレと感想!

2018年11月19日発売の週刊少年ジャンプ51号を読みました!

アリスと太陽20話も読みましたので早速ネタバレと感想をお届けします。

前回は

トーコが必死にベースを練習していることを知った猫実・・・

トーコの加入に否定的だった猫実だったがその真摯な姿勢に感化されて・・

前回詳しくは

アリスと太陽ネタバレ


をご覧ください

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なFODで好きな漫画を無料で読む


Sponsored Links



アリスと太陽【20話】最新話のネタバレ

ベースをセッティングするトーコ・・・

その後ろ姿はかなりソワソワしていて・・

「落ち着けよ」

と猫実が声を掛ける程・・・

そして始まるバンドメンバー揃ってのはじめてのセッション。

ドラムにキーボード・・・そして歌声

今まであった音の上に

猫実のギターとトーコのベースが加わる。

猫実の視線は同じ弦楽器で初心者トーコに注がれている。

初心者故にテクニックに走らずに、リズムキープに専念した丁寧なプレイ・・・

単調だが、ブレナイ・・・

努力の跡が見えるベースに・・・猫実は・・・

「おもしれぇ」

身震いする自分に思わず笑みを零す・・・

自分も遠慮なく実力が出せる・・・

繰り出される圧倒的な音・・・

猫実がバンドに彩を加える音を出す・・・

 

すると、生まれるバンドの独特のアンサンブル

 

初めてのセッションが終わる・・・

メンバーのその表情は満足感に包まれていて・・・

歌を唄ったアリスも・・・

今日のこの音楽を忘れない・・・たとえ・・明日・・私が音をなくしても絶対に・・・

 

ここから伝説が始まる・・・

 

3年後・・・

渋谷のスクランブルに大勢の人が押し寄せる・・・

目当てはアリスと太陽のシークレットライブ・・・

場所がわからなくても・・例え入れなくても・・・とファンが集まるほどバンドは大きなものになっていて・・・

しかもそのライブにはMIKAもゲストで出演すると言われていた・・・

アリスと太陽と伝説となった武道館での対バンももはや2年前・・・

しかし、最近はアリスと太陽の活動の噂は聞こえてこない・・・

噂では・・ボーカルの耳が・・・

だからこその活動休止・・・そして復活ライブとなるこのライブに駆けつけようとするファンが多い・・・

 

その頃・・・青響高校の軽音楽部では・・・

 

「ここがアリスと太陽の涼木太陽さんのいた部室」

一人の生徒が軽音楽部の部室に訪れていた・・・

まだ軽音部にはだれも来ていない・・・

キーボードに触れ・・・少し音を出してみる

「それ誰の曲?」

後ろからふいに声を掛けられ・・・後ろを振り返ると・・・トレードマークのヘッドフォンを首に下げた太陽が立っていて・・・

リハを終え、メンバーは会場にスタンバイ・・・

それぞれが想いを胸に・・・

 

音楽は食べられない

雨風を防がない

病気を治さないだけど僕らは音楽をする・・・

楽しいから・・・遺したいから・・・存在証明・・・

お金に繋がるため・・・表現しないではいられないから・・・

理由は人それぞれ・・・

そして・・・

「太陽」

「お待たせ、篠原さん・・・さぁ一緒に世界征服しよう」

 

飛び出す・・・音の渦へ・・・

Sponsored Links



 

アリスと太陽【20話】最新話の感想!

なんとこれからという時にいきなり最終回となってしまいました・・・

初めてのセッションの後に3年後となった時点でかなり怪しいと思っていましたが・・・

やはり終了ですか・・・

結局MIKAとの武道館の対決も過去話で少し出て来ただけでなかったのが残念ですね・・・

凸ノ先生の次回作に期待です!!

 

まとめ

 
以上、アリスと太陽【20話】最新話のネタバレと感想!の記事でした!

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法
 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です