ドメスティックな彼女213話最新話のネタバレと感想【懐かしい顔】!214話の考察も!

2018年12月26日発売の週刊少年マガジン4,5合併号読みました!
ドメスティックな彼女の最新話213話【懐かしい顔】も読みましたので、
早速ネタバレと感想をお届けします。


Sponsored Links




前回は・・・
華先輩と桃源先生が親子・・・
その事実をしった夏生。

 

しかし桃源先生は、突如家で倒れ、病院に入院することに・・・
先生の話では、病状はよくない・・・
それを知ってもなお、桃源先生は手術を受けるつもりがない事を夏生に打ち明けて・・・

 

黙っていられなくなった夏生は、華先輩に桃源先生の親子関係の話をしてしまう。
病院に向かった華と夏生・・・
しかし、桃源先生は病院を抜け出して取材に出かけていて・・・

ずっと向き合う事のなかった親子・・・
華と桃源先生がついに・・・

 

前回詳しくは
ドメスティックな彼女ネタバレ

これからドメスティックな彼女213話のネタバレが始まります。

その前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらのサービスを使えば、無料で今週号のマガジンを読むことが出来ます!

U-NEXTでドメスティックな彼女213話を含む週刊少年マガジン4,5合併号を無料で読む

ドメスティックな彼女213話最新話のネタバレと感想!214話の考察も!

では、早速ネタバレしていきたいと思います!

ドメスティックな彼女213話最新話のネタバレ【懐かしい顔】!

桃源先生の騒動も終わり・・・平穏な日々が戻って来たかのように思えた夏生・・・

学校の試験も無事に終了し、
「全くできなかったわ」

と愚痴をこぼす友人を尻目に、中々の感触を持っていた夏生。
バイトの掛け持ちを辞め、小説家の手伝いのみにしたという作戦も功をそうした・・・

 

そんなことをつぶやくと
「いいよなぁー藤井は小説で稼げるから」

 

友からふいに飛び出す言葉・・・
まだ夏生は自分が小説を書けなくなっていることを明かせていない・・・

 

雅も試験が終わったのか・・・夏生が一人でコーヒーを飲んでいると・・・声をかけてきて・・・
「あれから・・・小説の方は変わらず?」

夏生への問いかけ・・・

「・・・」

夏生は沈黙でもって答えを返す。
楢に相談し、結局サークルには籍は残すことにした夏生・・・
しかし、小説を書けなくなったことは彼女であるルイにも言えていない・・・

ルイは海外で頑張っている・・・
なのに・・・俺は・・・

 

ルイはものすごく頑張っている・・・
なのに自分は・・・大切だった小説が書けなくなってしまった・・・
自分は何も持たない男になってしまった・・

 

何もなくなった自分をルイは変わらず好きでいてくれるだろうか・・・
心配で仕方ない夏生・・・


こんな時こそ彼氏彼女というのは支え合っていくべきなんだろうけど・・・
ルイの重荷になりたくない・・・
そんな思いから夏生はルイに小説が書けなくなったことを打ち明けられていないと雅に話す。

 

「話して!なんでも!いつでも相談にのるから!」

 

雅は夏生の力になりたい・・・
その想いから夏生の相談相手を買って出る。

 

「この後時間あるなら・・・ゆっくり話聞くけど」

 

勇気を持って雅は夏生を誘うが・・・
「ごめん今日はちょっと約束があって」

夏生の約束とは・・・

 

続きは2ページ目で


Sponsored Links




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です