火ノ丸相撲【225話】最新話のネタバレと感想!226話の考察も!

2019年1月21日発売の週刊少年ジャンプ8号を読みました!
火ノ丸相撲最新話【225話】<童子切と大包平>も読みましたので早速ネタバレと感想をお送りします。

 

Sponsored Links



前回は・・・

激闘が続く火ノ丸と久世の宿命のライバル対決・・・
火ノ丸がケガをして以来・・・そして復帰して初の対決・・・

 

右腕を負傷してからの火ノ丸の相撲に絶望感すら感じていた久世・・・
しかし、火ノ丸の右腕は完全に治っていた・・・
右腕からの技が繰り出せないのは、心因性のもの・・・
それを克服するべく・・・そしてそれをカバーするべく・・・
様々な相撲のスタイルを取り入れてきた火ノ丸・・・

しかし久世はそれが納得できなかった・・・
火ノ丸相撲にそれは相応しくないと・・・

でも・・・今・・・右腕が完治し、以前の姿・・・いや・・・以前よりも進化した火ノ丸が目の前にいる・・・
「さぁ・・・行こう・・・インターハイの団体戦の決勝・・・その先へ」

 

前回詳しくは
火ノ丸相撲ネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

火ノ丸相撲【225話】最新話のネタバレと感想!224話の考察も!

では、早速行ってみましょう!

火ノ丸相撲【225話】最新話のネタバレ

九月場所7日目の朝・・・・

かつて高校最強としての名をほしいままにしていた鳥取白楼高校・・・
その鳥取白楼の最強を支えた日本の国宝
天王寺獅童
加納彰平

 

常に脚光を浴び続けた天王寺とは対照的に
天王寺の陰に隠れ続けた加納・・・

そんな加納は・・・

九月場所七日目の朝・・・朝陽川部屋・・・いつもの朝稽古の中・・・
横綱刃皇は・・・
自分の引退宣言が、火ノ丸の公開プロポーズで霞んでしまった事を悔やんでいた・・・

持っている新聞にでかでかと載っているのは火ノ丸の姿で・・・
自分が大きく扱われていない事に納得がいかない・・・

 

そんな軽い雰囲気の刃皇とは裏腹に稽古場は殺伐としてきている・・・
また一人・・・土俵に叩きつけられ・・・

 

「次!」

 

気迫のこもった声が稽古場にこだまする・・・
その声に刃皇は声の主に目を向ける・・・

「場所中の稽古は流すくらいにしておけよ・・・そんな調子じゃ15日間もたないぞ」
刃皇がそう声をかける稽古場の主とかした人物・・・
加納章平・・・

 

加納の周りには、ボロボロになった力士たちが倒れ伏していて・・・

 

「あんまり下のモノをいじめちゃあいけないぜ・・・章平」
そう声をかける刃皇に加納は・・・
血走った目で睨み付けると・・・

 

「うるせぇ・・だったらあんたが下りて来いよ刃皇!!」
喧嘩腰で刃皇にそう言い放つ加納・・・

「どれどれ軽く揉んでやるかぁ」
そう言って立った刃皇と加納の様子を眺める力士がいた・・・

 

ボロボロの状態になった四方田尽・・・
元栄華大附属高校の力士で・・・高校時代は加納の事を嫌っていた・・・

 

続きは2ページ目で

Sponsored Links



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です