ドメスティックな彼女216話最新話のネタバレと感想!217話の考察も!

2019年1月23日発売の週刊少年マガジン8号読みました!
ドメスティックな彼女216話<じゃあね>も読みましたので、早速ネタバレと感想お届けします。

Sponsored Links



 

前回は・・・
夏生と喧嘩してしまったルイ・・・
些細なすれ違いが段々大きな波紋となって二人に押し寄せてきたが故の喧嘩・・・

 

夏生が自分に小説が書けなくなっていたことを隠していた事実が許せないルイ・・・
夏生も夏生で、ルイに心配をかけさせまいといや・・・頑張ってるルイに対して情けない自分を隠したいがために
小説が書けなくなったことを言い出せなかった・・・

 

その日の夜・・・
二人は実家で再開し、仲直りと愛を確かめ合う・・・
ルイの日本にいられる帰還はわずか・・・

 

仲直りの翌日・・・
二人で出かけた夏生とルイだが・・・
ルイは夏生に「別れよう」と告げて・・・

 

前回詳しくは
ドメスティックな彼女ネタバレ

これからドメスティックな彼女216話のネタバレが始まります。

その前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらのサービスを使えば、無料で今週号のマガジンを読むことが出来ます!

U-NEXTでドメスティックな彼女216話を含む週刊少年マガジン8号を無料で読む

ドメスティックな彼女216話最新話のネタバレと感想!217話の考察も!2019年1月23日週刊少年マガジン8号

では、早速ネタバレしていきたいと思います!

ドメスティックな彼女最新話216話【じゃあね】のネタバレ

突然のルイの言葉・・・
夏生にはルイが言った言葉の意味が理解できない・・・

 

だからもう一度聞き直す・・・
「今・・・なんて・・・?」

 

辛うじて絞りりだすかのような夏生の声・・・
茫然とした夏生の表情を真剣なまなざしのルイが受けとめ・・・
「別れよう」

 

ハッキリとした口調で夏生にそう告げた・・・

 

ルイの言葉が夏生の体に染み込んでいき・・・
やっとルイの言葉の意味を理解する夏生・・・

 

でも・・・
納得できない・・・
ルイと離れるなんて嫌だ・・・

 

今貰ったチョコだって・・・
それに昨夜だって・・・あんなに愛し合ったのに・・・
あんなに愛を確かめ合ったのに・・・

 

「なんでそういう話になるんだよ・・・小説のこと相談できなかったのがそんなに許せない?」
夏生の言葉にルイは黙って首を振る・・・

 

「夏生はあたしの事想って負担になりたくないって言ったけど・・・それは私も同じ・・・」
夏生が辛かった時、自分に言えなかった・・・連絡できなくて苦しんだ・・・

それを知った時・・・悔しさと監視差があふれた・・・
縋る存在が・・・
支える存在が自分じゃないと感じたルイ・・・
それに気が付いた時・・・自分自身が虚しく感じると共に・・・出した結論・・・

 

 

「これってお互い負担になっちゃってるよね・・・」

 

ルイの言葉に夏生は何も言い返せない・・・でも・・・別れたくない・・・
「俺には小説もなくなったんだぞ!そんな理由で塁まで離れていくなんて俺どうしたらいいんだよ!もう心の支えはルイだけなのに・・・ルイしかいないのに・・・ヤダよ!俺は別れない」

 

ルイの肩を掴み・・・必死の表情で自分の気持ちを語る夏生・・・
でもそれを聞くルイの表情は・・・優しくならない・・・

続きは2ページ目で


Sponsored Links




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です