火ノ丸相撲【226話】最新話のネタバレと感想!227話の考察も!2019年1月28日ジャンプ9号

2019年1月28日発売の週刊少年ジャンプ9号を読みました!
火ノ丸相撲226話【童子切と大包平②】も読みましたので早速ネタバレと感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links



 

前回は・・・

ずっと二番手だと言われ続けた元鳥取白楼高校の加納彰平・・・
天王寺の陰に隠れ続けた高校時代・・・

 

でも影に隠れたいわけじゃなかった。
ずっと天王寺のライバルとして君臨したかった・・・
でも天王寺はどんどん先にいく

 

天王寺に並び立つためには・・・
意識から
今まで努力と思っていたものも努力なんかじゃなかった・・・

 

だから大学を得て大相撲の世界に入ってきた時、
一番学ぶもののある横綱刃皇の元に入門した・・・
全ては天王寺獅童に並び立つために・・・

 

前回詳しくは

火ノ丸相撲ネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

火ノ丸相撲【226話】最新話のネタバレと感想!227話の考察も!

では、早速行ってみましょう!

火ノ丸相撲【226話】最新話(2019年1月28日)のネタバレ

加納彰平
天王寺獅童

この二人がライバル関係となったのは小学生のころまでさかのぼる・・・
最初は加納の方が強かった・・・

 

初めて小学横綱になったのは・・・
加納が小学三年
天王寺は小学六年・・・

 

中学に上がっても
加納は中学二年
天王寺は中学三年で横綱になった・・・

 

その中学の決勝の相手は加納・・・
天王寺は加納を倒して横綱になった・・・

 

そこからだ・・・
周囲が二人を国宝と呼び
期待するようになった・・・

 

そして・・・
天王寺と加納の序列が入れ替わるようになったのは・・・

 

そして高校・・・
二人は奇しくも鳥取白楼高校に入学する・・・
入学時高校全国4連覇中・・・


そこに中学時代に圧倒的な強さを誇った二人が入学した・・・
でもいつの間にか・・・

 

 

天王寺と加納
大相撲の舞台で童子切と大包平として土俵で向かい合う・・・
高校時代・・・ずっと天王寺の後ろに・・・
後塵に拝してきた・・・

 

もう誰にも二番手なんて呼ばせない・・・
一番になる・・・

 

強い決意を持って加納は土俵に上がる・・・

その様子をかつてのチームメイトが・・・ライバルたちが・・・
そして火ノ丸がじっと見つめる・・

 

「待ったなし」

 

土俵中央で向かい合う二人・・・
大歓声の中・・・かつてしのぎを削ったライバルであり仲間だった同士が向かい合う・・・


加納は心臓の鼓動を聞きながらも自分に自答してしまう・・・
自分は本当に一番になれるのだろうかと・・・
その目の前にいるあまりにも大きく見えるライバルを見て・・・

 

続きは2ページ目で


Sponsored Links




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です