火ノ丸相撲【227話】最新話のネタバレと感想!228話の考察も!2019年2月4日ジャンプ10号

2019年2月4日発売の週刊少年ジャンプ10号を読みました!
火ノ丸相撲最新話227話も読みましたので、早速ネタバレと感想をお届けします!

Sponsored Links



 

前回は・・・
中学までは自分の方が上だった・・・
なのに鳥取白楼高校に入学するや否やあっという間に先にいる存在になった天王寺・・・
高校では常に二番手・・・

 

周囲にもそう思われてきた・・・

 

でも獅童に勝ちたい!
加納は大相撲の世界で覚醒する・・・
再び天王寺獅童と並び立つために・・・

 

そして迎えた決戦!
天王寺ともつれるように土俵の外に落ちた加納・・・果たして勝敗は?

 

前回詳しくは
火ノ丸相撲ネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

火ノ丸相撲【227話】最新話のネタバレと感想!228話の考察も!

では、早速行ってみましょう!

火ノ丸相撲【227話】最新話(2019年2月4日)のネタバレ

もつれあいながら土俵の外に落ちた天王寺と加納・・・
同時に置いた様に見えた両者・・・

 

加納は勝敗が気になって・・・判定を仰ぎ見る・・・
獅童に勝たなければ始まらない・・・

 

鼓動が高鳴る・・・
その視線の先には・・・

 

東!全勝対決を制したのは・・・
大包平

 

加納の勝利!

 

これで加納(大包平)が7勝で全勝
天王寺(童子切)は6勝1敗となった・・・

 

相撲関係者・・・
そして会場が大盛り上がりを見せる中・・・

 

茫然と立ちすくむ加納・・・
そして自分に

 

たった一番勝っただけだ・・・
こっからだ・・・俺はこっからだ・・・

 

改めて天王寺に勝利した余韻を噛みしめる加納・・・
それだけこの一戦に込めた思いは強い・・・

 

二人同時に土俵の外に出る瞬間・・・
天王寺は少し早めにとんでいた・・・

 

逆に加納は土俵に体を天王寺よりもわずかに残すことが出来ていた・・
その前の天王寺の小手投げを耐えたことが加納の勝因にもなった・・・

 

それだけに・・・

強引に小手投げを耐えたことで左肘を気にする加納・・・

左肘に手を当て、動作に問題がないか土俵上で確認していく・・・
よし・・・大丈夫・・・動く・・・
まだまだ七日目だ・・・ここで立ち止まるわけにはいかない・・・

 

新たな決意を胸に次を見据えようとしていると・・・

会場がざわついていることに気が付く・・・」

 

ざわ・・・ざわ・・・・ざわ・・・・ざわ・・・・ざわ・・・・ざわ・・・

周囲がざわめく・・・そのざわめきの先には・・・
天王寺獅童が立ち上がりにくそうにしていて・・・

 

続きは2ページ目で


Sponsored Links




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です