ぼくたちは勉強ができない101話最新話のネタバレ、あらすじと感想!102話の考察も!

2019年3月4日発売の週刊少年ジャンプ14号を読みました!
ぼくたちは勉強ができない101話も読みましたでの、早速ネタバレと感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links



 

前回は・・・
街中を逃げる成幸と真冬・・・
なぜ・・・真冬が追われているのか・・・

それは教育者としてローカル番組インタビューを受けたのがきっかけで、
真冬がかつてフィギュアスケートの選手で現在は教師として働いていることが往年のファンにバレたからであり、
健在の真冬の美貌に新規でファンになった人にもその勢いは加速していくことになり・・・

 

インタビューの動画がかつてのフィギュア時代の動画と一緒にバズり、
真冬は街中で芸能人の様に追われることに・・・
事の事態をしった成幸は、真冬に付き合って逃げるも、図らずも二人はデートの様な一日を過ごすことになって・・・

 

前回詳しくは
ぼくたちは勉強ができないネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

ぼくたちは勉強ができない【101話】最新話のネタバレと感想!102話の考察も!2019年3月4日週刊少年ジャンプ14号

次話ネタバレ公開
ぼくたちは勉強ができない102話ネタバレ

では、早速行ってみましょう!

ぼくたちは勉強ができない101話最新話のネタバレ、あらすじ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

桐須真冬

フィギュアに人生のすべてを捧げていた・・・
過去の真冬・・・

選手権に優勝し、両親もすごく喜んでくれた・・・
そして・・・その喜びに勝るほどの叱咤激励・・・

 

そんな両親に真冬も
「奮励・・・今後も精進してまいります。父様、母様」
それを当然のように笑顔で受け取った真冬・・・

 

しかし、一度学校に行くと・・・
「ねーねー桐須さんもやっぱ学校最後の文化祭だし当日は・・・」
笑顔で真冬と誘ってくるクラスメートに真冬は・・・

 

「謝罪・・・いつも参加できなくてごめんなさい」

そう答える・・・苦笑いを浮かべて・・
その事に寂しさを覚える・・・

 

否定・・・フィギュアが嫌いになったわけではない・・・
憧憬・・・ただ・・・焦がれていた・・・

 

そんな心情の時にあの先生が現れた・・・
妙な先生だった・・・

常に生徒に寄り添って・・不器用だけどまっすぐで・・・
いつも楽しそうに笑って生徒もその笑顔に巻き込まれるように笑顔だった・・・

 

この笑顔に自分も・・・
この先生の様になれれば・・・もう一度・・・やり直せるだろうか・・・

 

悩んでいた・・・
その想いを先生に切り出す・・・

 

「先生・・・質問・・です・・・私が教師を目指すことは間違いだと思いますか?」
秘められた想いと・・・誰にも見せることが出来なかった進路希望・・・

第一志望から第三志望まで教育大学で埋まった進路希望調査を・・・
その手に握りしめて・・・

 

先生にそう切り出した・・・
憧憬・・・
ずっとずっと憧れ続けた・・青春の学園生活を取り戻す為に・・・

 

続きは2ページ目で


Sponsored Links




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です