ぼくたちは勉強ができない102話最新話のネタバレ、あらすじと感想!103話の考察も!

2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ15号を読みました!
ぼくたちは勉強ができない102話も読みましたでの、早速ネタバレと感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links



 

前回は・・・
自分の過去を思い返す真冬・・・
嫌いになってフィギュアスケートを辞めたわけじゃない・・・

でも・・・普通の青春というものを送って見たかった・・・
自分を気にかけてくれた教師・・・
生徒と一緒になって喜んだり、悲しんだり頑張ったりできる教師・・・

教師になれば自分も生徒と一緒に青春を送ることが出来る・・・

そう思った真冬は教師になった・・・
教師になって初めて親身になって一生懸命関わった生徒・・・
その生徒に真冬は失敗してしまう・・・

自分には無理だとわからされてしまった・・・

前回詳しくは
ぼくたちは勉強ができないネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

ぼくたちは勉強ができない【102話】最新話のネタバレと感想!103話の考察も!

次話ネタバレ更新
ぼくたちは勉強ができない103話ネタバレ


では、早速行ってみましょう!

ぼくたちは勉強ができない102話最新話のネタバレ、あらすじ

自宅でシャワーを浴びる真冬・・・

そのシャワーを自分の感情を押し流すため・・・
そんな心の有り様を表しているかのように、真冬の表情は冴えない・・・
そこに・・・

 

 

ピンポーン・・・ピンポーン
自宅の呼び鈴が鳴る・・・
どうせまた妹の美春が・・・あの子もしつこいわね・・・

バスルームを出てバスタオルを身体に巻き
玄関のドアを開ける真冬・・・
「美春悪いけど今は何も考えたく・・」

 

玄関の先に立っていたのは・・・
美春ではなく・・成幸で・・・

 

 

無言で見つめ合う成幸と真冬・・・

 

「きゃあああああああああああああ」

 

真冬の悲鳴が昼間のマンションに響き渡って・・・

 

いつものジャージに着替えた真冬は成幸を自宅に招き入れてお茶を出す・・・
要件はなんなのか・・・
テレなのか・・・それとも・・複雑な表情をした真冬は成幸に要件を訪ねる・・・

 

「あ、はい・・・えっと・・・脱いでください・・・今すぐに・・・」

 

意味がわからずに無表情で成幸を見つめ続ける真冬・・・

自分の失態をやっと理解した成幸・・・

 

「すみません・・また言葉が足りませんでした・・・少し遠出をするので変装してもらえると」

「君は誤解を招く物言いを控えるように・・・ん?遠出?」



成幸が真冬と連れて出た先・・・
七緒アイスアリーナ・・・
その施設に入った成幸は本格的なスケートリンクに感動したりで・・・

 

リンクに感動している成幸に・・・
「過多・・・聞きたいことは山程あるけれど唯我君・・・疑問・・・この衣装は一体何なのかしら」
真冬はフィギュアの衣装に着替えさせられてリンクに出てきていて・・・

 

続きは2ページ目で


Sponsored Links




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です