ぼくたちは勉強ができない103話最新話のネタバレ、あらすじと感想!104話の考察も!

2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ16号を読みました!
ぼくたちは勉強ができない103話も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじと感想をお届けします。

Sponsored Links



 

前回は・・・
真冬がどんな想いでフィギュアの世界から去って教師になったのか知った成幸・・・
成幸はなんとか真冬に前を向いてもらおうと
美春の協力でスケートリンクを貸し切り
真冬をスケートリンクに誘い出すが・・・

 

前回詳しくは
ぼくたちは勉強ができないネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

ぼくたちは勉強ができない【103話】最新話のネタバレと感想!104話の考察も!

次話ネタバレ公開
ぼくたちは勉強ができない104話ネタバレ

では、早速行ってみましょう!

ぼくたちは勉強ができない103話最新話のネタバレ、あらすじ

科学部部長
関城 紗和子・・・

いつもの如く成幸と理珠を呼び出した紗和子は・・・

「みせたい発明品とはなんですか?」
素朴な疑問を向ける理珠に・・・

 

1DAYトレンDという接着剤を見せつける・・・

15時間効果を維持する接着剤よ!
そう自慢げに成幸と理珠に見せてくる紗和子・・・

 

なんで俺たちに????
謎が深まる成幸と理珠に・・・紗和子は・・・

「そういうの自慢できる友達・・・あなたたちしかいないじゃない・・・」
恥ずかしそうにそう話す紗和子・・・

 

「よぉぉぉしバッチこい関城!!」
「関城さん席上さん!これはどのように使うものなのか気になります!」

 

これは確実に重い空気になる地雷な話題だ・・・
そう判断した成幸と理珠は速やかな離脱を試みる・・・

 

二人が(仕方なく)接着剤に食いついたことで得意げな紗和子は・・・

 

「うふふ・・・そんなに言うなら仕方ないわね・・・早速実演を」

そう言って接着剤のフタを開けると・・・

ブリュ

 

と中身が紗和子の手に付着してしまい・・・

自分の手を見つめて固まる紗和子・・・

「やってしまったわぁぁぁぁぁあぁぁぁ」
「大変だ!!」

「とりあえずこれを」
と成幸はウェットティッシュ
理珠をタオルを差し出すも・・・

 

成幸は体勢を崩してしまう・・・

 

「うお・・・」

 

体勢を崩した成幸が手を伸ばす・・・
紗和子の方へ・・・倒れていく成幸・・・

 

紗和子は反射で自分を身を守るために手を差し出す・・・

 

べちゃ

 

成幸と紗和子の手はくっ付いてしまって・・・

 

「あ・・・」

 

三人はくっ付いた手を見て「・・・・」

となって・・・

 

「んーーーーーーーーー」
「いたたたたたたたた」
「手の皮もげるわ」

 

成幸の手と紗和子の手を全力で離そうと力いっぱい引きはがそうとする理珠・・・
しかし、紗和子の作った接着剤の威力は半端ではなく・・・全く取れる気配がない!

 

本当に取れる気配はない・・・ということは・・・15時間は成幸と紗和子はくっついたままということ・・・
今は放課後・・・15時間後といえば・・・それは次の日の朝を意味していて・・・

 

続きは2ページ目で


Sponsored Links




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です