火ノ丸相撲(ヒノマルずもう)239話最新話のネタバレ、あらすじと感想!240話の考察も!

2019年4月27日発売の週刊少年ジャンプ22,23合併号を読みました!
火ノ丸相撲最新話239話も読みましたので早速ネタバレ、あらすじと感想をお届けします。


Sponsored Links




前回は・・・
火ノ丸と沙田・・・
高校の時からライバルとして同じ国宝としてシノギを削ってきた二人。
その二人のプロの舞台での初対決。
中学から相撲を初めて国宝とまで呼ばれた圧倒的なセンスをもつ沙田。
その沙田が憧れ続け、特別とまで思っていた火ノ丸との対戦。
小柄な火ノ丸をも上回る速さをみせた沙田に対して火ノ丸は・・・

前回詳しくは
火ノ丸相撲ネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

火ノ丸相撲【239話】最新話のネタバレと感想!240話の考察も!

次話ネタバレ更新
火ノ丸相撲240話ネタバレ

では、早速行ってみましょう!

火ノ丸相撲239話最新話のネタバレ、あらすじ

九月場所13日目・・・

蜻蛉切13連敗・・・
稽古中に腰を負傷するも強行出場・・・
いまで初日が出ません!!

場内に響くアナウンス・。・・

 

西前頭5枚目
蜻蛉切(20)

思う様に自分の相撲が出来ない蜻蛉切に

「全然踏ん張りが利いてないじゃないか・・・休んで治療に専念した方がいいんじゃないか?」
たった今対戦した相手が声を掛ける・・・

幕下最下段西十六枚目から会心撃を続ける新入幕の太郎太刀

西前頭十六枚目
太郎太刀(22)
11勝2敗

 

かつてのダチ高相撲部部長小関信也・・・
プロの世界に入って来て、早くも頭角を現してきた・・・

 

場内の声援を受けて堂々と土俵に立っている・・・

 

 

かたや・・・蜻蛉切は・・・

フラフラと会場を後にしながら
「くそ・・・くそ・・・休んだら番付けが・・・番付が下がっちまうだろうがよぉ」

悪態を突きながらも控室に下がって行く・・・
しかし・・もう足取りはおぼつかないどころではなく・・・

そんな蜻蛉切に

「ここまで負けといて番付けもくそもあるかよ・・・そんな状態で勝てるような甘い相手じゃないでしょ」
見島部屋幕下
相沢(22)

蜻蛉切の付き人である彼がそっと蜻蛉切を支える・・・

「なんだよ・・・俺のこと嫌いなくせに・・・」
「嫌いですよ・・・でも付き人っすから」

 

翌朝蜻蛉切は休場届を提出する・・・

 

この取り組みをみていた鬼切・・・
東前頭十七
鬼切(20)
3勝10敗

かつてダチ高の監督として、火ノ丸の幼馴染として一緒に切磋琢磨してきた桐仁は・・・

同じくダチ高の戦友である部長・・・小関信也・・・太郎太刀の取り組みを見て・・・

 

見てるか火ノ丸・・・
信じられるか・・・?あの部長が・・・こんなにも早く幕内で通用する力士になるなんてよ・・・

想いを馳せる・・・

 

少なくとも
俺が長門部屋に入った頃の・・・あの頃の部長を見てたらとても信じられなかっただろう・・・

 

続きは2ページ目で


Sponsored Links




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です