火ノ丸相撲(ヒノマルすもう)240話最新話のネタバレ未確定考察!

2019年5月13日発売の週刊少年ジャンプ24号に搭載予定の火ノ丸相撲240話!
ゴールデンウィークもあって発売まで間隔があいてしまいます。


Sponsored Links




なので今回はこれまでのエピソードを整理していきたいと思います!

前回詳しくは
火ノ丸相撲ネタバレ
考察の前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

↓こちらもマンガが無料で読めますよ↓


火ノ丸相撲240話ネタバレ確定更新!
火ノ丸相撲ネタバレ240話


火ノ丸相撲(ヒノマルすもう)240話ネタバレ考察その①登場人物

潮火ノ丸
元大太刀高校相撲部の一員で
身長157cm、体重79㎏の小さな体躯だが、圧倒的なパワーを誇る横綱相撲を得意とする力士。
プロ編での四股名は鬼丸国綱
身長の問題で新弟子検査での査定から外れてしまうことから、プロを目指すも、普通に新弟子検査を受けるのでは大相撲に挑戦できない。

新弟子検査の基準は
年齢は23歳未満であること(幕下または三段目付出が承認された場合と、2017年1月場所以降は相撲をはじめ主に格闘技で一定の実績(中学生以下での成績を除く)を持っていると理事会が認めた場合は、25歳未満)

身長167cm以上、体重67kg以上

が必要であった。
身長でプロの新弟子検査を受ける資格がなかった火ノ丸は大太刀高校で学生横綱を目指す事になる。

大太刀高校で見事に全国大会団体戦を優勝!

学生相撲で見事に優秀な成績を収めた火ノ丸は、その成績を引っ提げてプロの相撲部屋に入門し、大相撲の力士として活動するが、
プロの世界は厳しく右腕に大怪我を負ってしまう。

激しいリハビリを経て、復帰するも、右腕を負傷したトラウマから右腕が使えず、中々勝ち星を増やすことが出来ない。
そんな中、横綱刃皇が九月場所を持って引退することを表明!
刃皇という圧倒的な横綱を倒すことを目標としていた火ノ丸は奮起し、
九月場所の望むも、刃皇に敗れてしまう。
しかし、混迷する九月場所において、火ノ丸は覚醒し、優勝争いをするほどの成績を修めていく。
九月場所千秋楽・・・
九月場所は混迷し、優勝争いが激化する中・・・千秋楽の相手は
ダチ高での戦友で、相撲部部長だった小関信也・・・

戦友との闘いを控え・・・気持ちを高める中・・・
火ノ丸はなぜかレイナの実家に呼ばれていて・・・

 

小関信也

ダチ高相撲部の元部長で、火ノ丸の戦友とも言える存在。
ずっと火ノ丸と一緒にダチ高で戦い続け、火ノ丸の友としてそしてライバルとして共に相撲道を歩むことを誓っていた。
プロ編では火ノ丸のライバルであるために、火ノ丸と同じ柴木山部屋ではなく、長門部屋に入門。
プロの洗礼を受け、自分の相撲が全く通じないことを悟り、一時期長門部屋を逃げ出すも、ケガをしてリハビリに励む火ノ丸の稽古を見つめ、もう一度相撲を向き合う決意をする。

それまで頑なだった四つ相撲を捨て・・・押し相撲に特化したことで覚醒!
九月場所において、12勝2敗をキープ
九月場所の千秋楽で、かつての戦友でライバルである火ノ丸との優勝争いを絡めた大相撲の舞台で
初対決をすることになる。

 

レイナ

火ノ丸の一応の婚約者。
大学3年の時から火ノ丸と交際し、火ノ丸がケガをしたときも側で支え続け、柴木山部屋にも顔を出している他、刃皇の妻と知り合った縁で朝陽川部屋の稽古場にも見学(偵察)に出向くほど火ノ丸を色々な面でサポートしている。
火ノ丸の魂を削るかのような相撲を見て、そのスタイルに火ノ丸自身の体が悲鳴をあげていることに心を痛めるも、
力士の彼女として、その活躍を見つめ続ける。

火ノ丸がテレビのインタビューで公開プロポーズしてしまったこともあり、火ノ丸との交際を父親に知られることとなる。
九月場所千秋楽前夜・・・
父親に火ノ丸共々呼び出されて・・・

 

刃皇

現在の角界に「自分に勝てる力士がいない」「相撲が可哀想」と語り、次場所で自分を倒せる力士がいなければ健在のまま引退する、と勝ち逃げを宣言。
この発言が九月場所の群雄割拠を招き、火ノ丸たちの心に火をつける結果となる。
九月場所において優勝争いに絡むも、冴ノ山に敗北。
単独優勝も混戦してきている。

Sponsored Links



 

火ノ丸相撲240話ネタバレ考察その②!今後の展開は?

戦友小関との千秋楽での戦いを前に、
レイナの実家に呼び出された火ノ丸。

 

「大事な時期にごめん」
と謝るレイナ・・・

呼び出された要件は明らかに
火ノ丸がやらかしてしまったテレビのインタビューによる公開プロポーズの件であることは確実で・・・
一緒にその場に居合わせているレイナの兄で、火ノ丸のダチ高での戦友ユーマも
居心地悪そうにしている・・・

 

今後の展開として・・・
240話では・・・
火ノ丸のレイナ父への

「娘さんをください」

が行われる予定ですね・・・

相撲の他ではかなり朴念仁な火ノ丸。
恐らく何の準備もすることなく、手土産のみでレイナの実家に現れたと思われますが、
大学まで行かせた自分の娘が、いきなりプロの力士の嫁入り・・・

火ノ丸のレイナの実家では受難な結果が待っていそうです・・・

 

小関と火ノ丸の対決の行方は?

そして気になるのが・・・
火ノ丸と小関の対決ですね・・・

 

ダチ高で火ノ丸が自主退学して柴木山部屋に入門する際に、
火ノ丸はダチ高のメンバー全員と相撲をとっています。

もちろん部長であった小関とも卒業相撲をとっていますが、
この時はまさに火ノ丸の圧勝という展開でした・・・
むしろまだこの時は、センス抜群だったチヒロの方が強かったと思えるくらい。

その後火ノ丸は、プロでケガを負い、小関は火ノ丸を負って大相撲の世界へ・・・
なんとか九月場所で幕下最下段として九月場所に参加する機会を得た小関。

 

その相撲はそれまでの組む相撲から、押しの相撲へ変化しています。
もちろん、押し相撲に変化してから火ノ丸と小関の対戦はありません。

火ノ丸の手の内をずっと見てきた小関は知っていて、
火ノ丸自身は小関の押しの相撲はデータとして知ってるかもしれませんが、どんなものなのか未体験。

 

火ノ丸の必殺である百千夜叉墜に至る揺さぶりは、ダチ高時代に元々編み出したもので、
その稽古を勿論火ノ丸は小関相手でもやっているはず・・・

 

大相撲の舞台でその揺さぶりは圧倒的に磨かれたはずですが、火ノ丸の手の内は小関にとっては知っているものとなっているはず。
逆に火ノ丸は小関の押し相撲は未体験・・・

 

戦前の状況で言えば、小関が有利だと言えますね。

 

懸念があるとすれば・・・
前日のレイナの実家に呼び出されたことが火ノ丸のメンタルにどの程度影響が及ぼされるか・・・と
小関の新スタイル押し相撲にどう対応するか・・・ですね・・・

 

果たして・・・
火ノ丸はレイナの父に結婚を認めてもらうことができるのか!
そして、かつての戦友、小関との闘いの行方は如何に?

 

火ノ丸相撲240話は
2019年5月13日発売の週刊少年ジャンプ24号に搭載予定です。
火ノ丸相撲240話ネタバレ確定更新!
火ノ丸相撲ネタバレ240話

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です