ヒットマン(漫画)48話最新話のネタバレ、あらすじと感想!49話の考察も!

2019年6月5日発売の週刊少年マガジン27号を読みました!
瀬尾公治先生の漫画作品ヒットマンの最新話48話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじと感想をお届けしたいと思います。


Sponsored Links




前回は・・・
Blue Wellsのマンガ化を他社と競合することになった龍之介・・・
圧倒的に有利な条件を持ち出す他社に一度は取られそうになる龍之介だが、
思わぬ幸運が舞い込んで・・・

前回詳しくは・・・
ヒットマンネタバレ

をご覧ください!

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらを利用すればマガジンを無料で読むことも出来ます!
U-NEXTでヒットマン48話を含む週刊少年マガジン27号を無料で読む

ヒットマン(漫画)48話最新話のネタバレ、あらすじと感想!49話の考察も!



ヒットマン次話ネタバレ公開
ヒットマン49話ネタバレ

では、早速行ってみましょう!

ヒットマン(漫画)48話最新話のネタバレ、あらすじ

「やります!絶対にやります!」
龍之介からBlue Wellsのマンガ化の話が通ったとの報告を受けた翼・・・
一も二もなくその話に食いつく・・・

 

 

「え・・でも・・・流石に週刊2本は作業量的に・・・」
しかし、アシスタントもなく一人での作業で
二本立てのスケジュールは厳しいという指摘をする龍之介・・・


だが念願だったBlue Wellsのマンガ化の話を手放すつもりがない翼は
「大丈夫です!短期連載なら余裕です!全然余裕です!」
そう言って龍之介の拒絶の言葉を一切受け付けようとしない・・

 

実際に作画が速い翼に・・・
コイツなら出来ちゃうかもな・・・

そんな思いで編集長と掛け合うことになるが・・・

 

 

 

「まさか・・・そんな有名なアーティストから許可をもらってくるとは思いませんでしたよ」
悔しそうに龍之介を睨みながらそんなことをつぶやく北条・・・

 

「でも・・・その・・やらせていただいてもよろしいでしょうか?」
「それはこちらも願ったりかなったりです・・・むしろ週刊でやることは大賛成ですが・・・」

少し時間を置いて龍之介の見る北条・・・
「さすがに二本というのはねぇ・・・他の作家というわけにはいかないのですか?」

膨大な作業量になることを知る北条は一人で作業する小鳥遊翼には荷が重いんではないか・・
そう存外に龍之介に指摘してくる・・・

 

「それがボーカルの榛名さんと碧井さんが小鳥遊の作品を気に入ってくれて、どうしても彼女に描いてほしいそうなんです」

翼は相手の指名であり、
連載が仮に18ページでもショートと合わせて26ページ・・・
それくらいなら一人で大丈夫・・・

 

そう言い切った翼の話を北条に切り出し、
なんとかこの企画にGOサインを出させようとする龍之介・・・

 

「まぁ・・・本人が大丈夫というのであればいいでしょう・・・連載開始の日程については改めて検討しますので、準備はしておいてください」
なんとか編集長の許可を取りつけ・・一安心の龍之介・・・

 

「ありがとうございます!」
そう言って北条の元を辞していく・・・

 

その姿を同僚の浅間が見ていて・・・

 

 

続きは2ページ目で


Sponsored Links




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です