火ノ丸相撲(ヒノマルすもう)244話最新話のネタバレ、あらすじと感想!245話の考察も!

2019年6月10日発売の週刊少年ジャンプ28号を読みました!
火ノ丸相撲最新話244話も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けしたいと思います。


Sponsored Links




前回は・・・
行司として見つめ続けてきた
大相撲・・・
日本人最強の横綱
大和国をコピーした草薙にその凄まじさを感じる。
一方刃皇も・・・

前回詳しくは
火ノ丸相撲ネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

火ノ丸相撲【244話】最新話のネタバレと感想!245話の考察も!
次話ネタバレ公開
火ノ丸相撲245話ネタバレ


では、早速行ってみましょう!

火ノ丸相撲(ヒノマルすもう)244話最新話のネタバレ、あらすじ

草薙の右上手・・・
必殺の型に入った草薙を
覚醒した刃皇はあっさりと
みずからの左腕を草薙の右わきに差し入れることで

回避する・・・

 

凄まじい緩急の鋭さ・・・
大和国の目を持つに至った草薙でも読み切れない
刃皇の・・・

史上最強の横綱・・・その底力・・・

 

「強すぎる・・・」
観客が漏らした言葉・・・
思わず零れるほどの圧倒的な強さ・・・

 

勝てば横綱刃皇の最後の土俵・・・
力を証明し飾る・・・有終の美・・・

 

草薙自身が・・・・
理想の相撲に限りなく近づいたはずなのに・・・・
それでも届かなかった・・・


完敗だ・・・

 

そう思えるほどに強い刃皇・・・

 

でも・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「おう・・・勝てよ」
潮君・・・

「頼んだよ草介君」
国宝世代のみんな

 

「止めてくれ横綱を」
加納・・・

「コケにされっぱなしで終われないだろ」
大典太・・・

 

「お前が最後の砦なんや・・・頼むで・・大将」
天王寺・・・

 

みんなに託されてしまった・・・
まるで団体戦の様に・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

思い出す・・・
共に凌ぎを削るライバルたち・・・
そして・・・

 

「勝てぇ!!久世ぇ」

いま改めて聴こえる・・・
ライバルである火ノ丸の声・・・

 

心に火が灯る・・・
諦めかけた想いが・・・
再び燃え上がる・・・

 

それは・・・

理想とした大和国の横綱相撲とは程遠い悪あがき・・・

河津掛け

押し出されようとする中で
左足を刃皇の右ひざの内側に掛ける

 

理想よりも・・・美学よりも・・・今は・・・
勝ってつなぐ・・・

 

「大和国はそんなことしねぇ~~~親父の様に潔く散れぇ」
勝つために悪あがきをする大和国のコピーと化した草薙に、
怒りを込めた刃皇の一言・・・

カウンター気味に刃皇を投げようとした草薙・・・
その河津掛けを土俵を構成する俵を蹴って耐えると、
その草薙の力を使って今度は刃皇が草薙を投げる・・・

河津掛けで刃皇の右ひざの内側に左足をかけていた草薙は
片足が浮いた状態・・・

そのまま刃皇に奥の廻しを取られた草薙は
右足だけでは刃皇の圧力に耐えられるはずもなく・・・

 

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です