ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)122話最新話のネタバレ、あらすじと感想!123話の考察も!



成幸と美春がそんなことを真冬の家で話していると・・・

Sponsored Links



 

「帰宅・・・ふう中々重いわね」
そう言って真冬が帰ってきてしまう・・・

 

サプライズでパーティーの用意をするはずだった成幸と美春・・・
しかし、いきなり帰ってきた真冬に驚いてしまい、

 

クローゼットに隠れることに・・・

そこで始まった真冬の一人バースデーパーティー・・・
それを見た成幸と美春はあまりの悲しさにクローゼットから飛び出してしまい・・・

 

♢ ♢ ♢ ♢ ♢

そして現在・・・
用意した飲み物を飲みながら真冬が事情を理解する。

 

「なるほど・・・だいたい事情はわかったけれど・・・撤回・・・とりあえず合鍵は没収しておくわね」
「えーんそんなぁ・・・超御無体」

泣きつく美春だが・・・すぐに気を取り直し・・・

「それはそうと・・・祝生誕祭!お姉さま!!これプレゼントです!」
そう言っていきなりプレゼントを真冬に差し出す

受け取った真冬がプレゼントを開封すると・・・
そこに入っていたのは・・・

 

美春のぬいぐるみ・・・

 

「一心同体!その人形を私だと思って大事に愛でてくださいね」
自分のぬいぐるみを真冬に渡す美春にドン引きの成幸・・・

 

 

「ちなみに私は!毎晩こっちの姉さまを抱いて寝てます」
そう言って取り出したのは美春愛用の真冬のぬいぐるみ・・・

 

それを見た真冬は
「ウレシイワ」
絶望的な表情で美春のそう答えていて・・・

 

そんな中・・・成幸は・・・

 

「すみません先生・・・俺今日が先生の誕生日って知らなくて・・・まともなプレゼントを用意できませんでした」
「当然・・・君がそんな事を気にする必要はまったく」
真冬が成幸にそう言いかけた所で・・・

 

成幸は
なんでも言う事聞きます券
を真冬に差し出す・・・

 

「こんなもので申し訳ないんですが・・・良かったら」
笑顔の成幸・・・


しかし、真冬と美春の脳裏には・・・
真冬と成幸の甘美な姿が思い描かれていて・・・

 

「却下!不潔!何考えてるの!唯我君!教師と生徒が」
「完全同意です!超破廉恥です!」

いきなり猛烈な抗議をしてくる二人

成幸自身はそんな甘美な使い道を全く想定しておらず・・・

 

小声で真冬に話しかける成幸・・・
「すみません先生・・子供っぽいですよね・・・でも風呂掃除でも台所掃除でも困った時に使ってくれればと思ったんですけど」

それを聞いた真冬は

「受理!頂くわ唯我君」

 

成幸のプレゼントで一悶着あったものの、
真冬の誕生日会は楽しく過ぎていく・・・

 

ある程度の時間になると・・・

 

「お開き!食べ終わったらそろそろ二人とも帰りなさい・・・美春も大事な大会を控えているし、唯我君は言わずもがな・・私の誕生日なんかにかかずらっている場合では」

真冬がそんなこと言ったタイミングで
美春は真冬に

 

「もーお姉さまそう言わずに・・・これ美味しいですよ」
そう言ってお酒を真冬に呑ませてしまって・・・

 

アルコールに極端に弱い真冬・・・
その一杯で案の定びたーんと倒れてしまって・・・

 

実は美春も少しアルコールが入っていて
ほろ酔い状態・・・
そんな中で気持ちよくなってしまった美春が真冬にアルコールを飲ませてしまって・・・

 

倒れてしまった真冬は
いきなり起き上がって成幸と美春の肩を抱き寄せると
自分の胸に押し付けるように二人の顔を抱きしめ始めて・・・

 

「私のために大切な時間を割いてくれてありがとう・・・とても心苦しいけど同じくらいとっても嬉しいの・・・ああ・・・こんな楽しい誕生日は本当に久しぶりだわ」

 

「先生・・・」
胸に出来締められていた成幸がポツリとつぶやいて真冬を見ると・・・
真冬はもうすでに眠っていて・・・

 

そのままベットに真冬を寝かしつけた成幸と美春・・・

 

ほっと一安心・・・
成幸がほっと息を吐くと

 

「あなたにはずっとお礼を言わなければと思っていました・・・あなたのおかげで最近家族に笑顔が増えて来たんです・・・姉さまも昔に比べて仕事が楽しそうですし・・・」
「俺は別に・・・何も・・それより・・あの・・・美春さんはお姉さんが教師やるの反対だったんじゃ・・・」

「はい・・そうでした」

 

でも・・今は・・・その道において姉が迷いなく幸せならば・・・きっとそれこそ天職と呼ぶ・・・

 

”こんな楽しい誕生日は・・・本当に久しぶり・・・”

 

酔っていてもぽろっと漏れた真冬の本音・・・

寝ている真冬が成幸の袖をふいに掴む・・・

 

「先生?」
その手には先ほど成幸が渡したなんでも言う事を聞きます券が握られていて・・・


そこには・・・

 

”絶対皆で合格すること”

 

そう書かれていた・・・

 

それを見て頬が熱くなる成幸・・・
成幸の持っているものを隣から覗き込んだ美春は・・・

 

「主格転倒!逆にお姉さまからプレゼントされちゃいましたね」
「はい・・これじゃどっちが主役だか・・・」

 

感動する成幸の肩にポンと美春の手が置かれる

 

「そうと決まれば早速、恒例の24時間耐久勉強といきましょうか」
いきなりそんなことを言い始める美春・・・

 

「うえええええ何でですか!」
「今日は私が付き合わせてしまいましたし・・・私が責任をもってあなたを合格させてあげます」

Sponsored Links



 

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)122話最新話の感想!

今回は真冬先生の誕生日会でしたね・・・
すっかりメインの三人娘よりも出番が多い真冬先生。

 

人気投票では圧倒的な一位ですし・・・
やはり人気投票の力は偉大なんですね・・・

 

最初は成幸視点でも冷たいと感じていた真冬先生が
成幸たちとの交流で徐々に明るくなっていって
成幸たちのことを本当に心の底から心配して応援してくれている描写が最近は多くて

真冬先生の回は三人娘の回よりも読んでいてほっこりします^^

 

うるかの明るさや
文乃の正統派ヒロインぷり
理珠のツンデレ系とはまた違った
真冬先生独自の魅力がありますよね!

 

もうすぐ成幸たちはセンター試験本番。
追い込みをかける成幸たちに真冬先生もどうからんでくるのか・・・

 

今後も楽しみです^^

 

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)123話ネタバレ考察!

さてぼく勉123話ですが・・・
次回は初詣回になる模様です!

 

122話が12月28日
次回が初詣なので元旦のお話になるということでしょうか!

三人娘や真冬先生などが着物で集合回になる模様ですので楽しみですね^^

 

次回
ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)123話は
2019年8月19日発売の週刊少年ジャンプ38号に搭載予定です!
 
次話ネタバレ更新
ぼく勉123話ネタバレ

 

まとめ

以上、ぼくたちは勉強ができない【122話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!123話の考察も!の記事でした!

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちらを使ってもマンガが無料で読めますよ↓↓↓↓↓↓↓↓↓


ぼくたちは勉強ができない【122】最新話のネタバレ、あらすじと感想!123話の考察も!
 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です