アクタージュ77話最新話のネタバレ未確定考察!

2019年8月19日発売の週刊少年マガジン38号に搭載予定のアクタージュ77話・・・
お盆で先週号が合併号になっていて少し次話まで時間が空いてしまいます。

Sponsored Links



なので、少しこれまでのエピソードを整理して今後の展開を考察していきたいと思います!


無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

アクタージュ【76話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!77話の考察も!

↓こちらもマンガが無料で読めますよ↓


 

アクタージュ76話のあらすじは?

前回のあらすじをおさらいしていきましょう!

空港での出来事・・・
王賀美陸の帰国騒動でマスコミ間で話題になった夜凪と王賀美の演技。

 

帰国しようとした王賀美を夜凪が演技で思いとどまらせたこの一件を
もう一方の羅刹女組の演出家である黒山も目の当たりにしていた。

その夜凪の覚醒。
覚醒前の夜凪であればまだ千世子に勝つ可能性もあった。
だが・・覚醒した夜凪の演技は今まで夜凪の地味な演技とは全く違う未知のもの・・・


その未知の演技の一端に触れた黒山は
千世子が現状で夜凪に勝つことは難しいと考えていて・・・

 

それを千世子自身も感じていた・・
でも・・それでも負けられない・・・

 

千世子は夜凪に勝っても負けても今まで自分が培い続けたものを失う。
夜凪はたった半年で自分が10年かけて培ったものを追い越そうとしている。

 

自分が夜凪の様に天才ではないことを知っている千世子。
でも負けることはどうしてもいやだ・・・

悔しい。

 

怒りにも似た感情・・・
それを表情に出しながら黒山にそう訴えた千世子。

 

元々舞台羅刹女は作家山野上花子が描いた自分の内なる怒りを表現した作品。

 

夜凪に対して山野上が描く怒りにも似た炎を内に宿していた千世子を目の当たりにした黒山は
千世子が夜凪に対して燃やす内なる炎だけは
夜凪すらも凌駕することを確信する。

 

山野上花子の描いた怒りの羅刹女を
元々持ち合わせた内なる炎を灯す事で演じる。

 

元々夜凪には持ち合わせていない怒りの炎・・・
夜凪はそれを想像力で表現した・・

 

千世子は・・・

それを本物の情炎で夜凪に対抗する策を黒山は思いついて・・・

Sponsored Links



 

アクタージュ77話ネタバレ考察①登場人物から考察

さて次回のアクタージュの77話のネタバレ考察ですが・・・

 

登場人物から考察していきましょう!

夜凪景

舞台「羅刹女」でダブルキャストの片割れで主演することが決定!
相手役の孫悟空役は王賀美陸!
アメリカ帰りで圧倒的な存在感の演技力を持つ王賀美に演技で対抗できない。

 

どんどん声が大きくなってしまい、存在感で圧倒されてしまう。
それを山にこもり、そこで演出家の山野上花子に出会う事で想像力をい演技に具現化するという演技を獲得。

無事に王賀美に認められ舞台羅刹女で羅刹女を演じることに!

王賀美陸



アメリカ帰りの俳優。天性の存在感を持ちあわせ、その存在感故に日本で居場所を失う結果ともなった。
海外でさらに演技に磨きをかけて偶々夜凪に興味を持った王賀美は
夜凪主演の舞台にキャスティングされ帰国。
だが、顔合わせでの本読みで夜凪が王賀美の存在感に呑まれたことで失望。

舞台を降板して帰ろうとしたが、夜凪が覚醒したことで共演を快諾。
舞台羅刹女では孫悟空役を演じる

 

百城千世子
天使という異名を持つ女優。
だが自分の役者としての寿命がもう残り僅かだということを理解していて、

そこに突如現れた夜凪に強烈な嫉妬を覚えている。

舞台「羅刹女」において夜凪とダブルキャストで主演の羅刹女を演じる。
相手役の孫悟空役は阿良也。

 

経験を糧に演技を磨いていくが、夜凪が圧倒的な演技力を身に着けたことで敗北が濃厚になる。
しかし、演出家の黒山は千世子の中に夜凪への情炎の炎が、今回の舞台羅刹女の怒りの感情に似ていることを見出し、
その情炎を経験として夜凪の想像力の演技を上回ろうとしている。

 

明神阿良也

千世子の相手役の孫悟空役でキャスティングされている俳優。
あらゆる賞を総ナメし、演劇界の怪物憑依型カメレオン俳優とも言われており、
周囲の物事を自身の役に取り入れることを「喰う」と表現するなど独特の感性を持つ俳優。

 

千世子が夜凪に対抗するために色々思い悩む中・・・
まだ王賀美への対策を明確にしていない阿良也は・・・

 

黒山墨字

夜凪を自分のスタジオにスカウトし、夜凪の良き理解者だが、今回は千世子と阿良也組の演出家にキャスティングされている。
思い悩む千世子に本気で夜凪に勝たせてやりたいと思う様になり、
その戦略を思いめぐらせている。

 

山野上花子

作家であり画家でもある。今回の羅刹女の脚本も担当しており夜凪、王賀美組の演出も担当。

役作りの為に山にやってきた夜凪と偶然出会い、夜凪に想像力とエネルギーの発散による演技を夜凪に教え、夜凪の覚醒を助ける。

アクタージュ77話ネタバレ考察②今後の展開は?

さて今後の展開についてですが・・・

個人的に気になるのは・・・
阿良也が未だに行動していないこと。
阿良也は元々共演者によって演技も変わってくるような俳優ですが、
圧倒的な存在感を示す王賀美に対して、
カメレオンの様な憑依型の演技で対抗する阿良也。

 

その演技で王賀美に対抗できるか正直疑問です。

 

舞台「銀河鉄道の夜で」阿良也の演技に夜凪は合わせることが出来た。
しかし、そんな夜凪に王賀美の前では全く何もできなかったわけで・・・

 

その王賀美と阿良也が同じ舞台を比べられた場合・・・
どう考えても阿良也に不利な展開になるはず・・・

 

そしてどんどん進化していく相棒の千世子の演技。
阿良也がどんな演技プランで孫悟空を演じるのか・・・
そこも注目ポイントですね。

 

山野上花子の演出家としての腕前

そしてもう一つ、山野上花子の演出家としての実力も未知数です。
すでに王賀美から全幅の信頼を得ているかのような花子ですが・・・

 

演出家としてはまだ何の実績もありません。

しかし、夜凪の演技力を覚醒させるなど、その破天荒な手腕には王賀美も期待してる模様。

 

次回とアクタージュとしては
阿良也の進化か山野上花子の演出の話になると思われますね。

 

はたして・・・

 

次回アクタージュ77話は
2019年8月19日発売の週刊少年ジャンプ38号に搭載予定です!

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です