アクタージュ77最新話のネタバレ、あらすじと感想!78話の考察も!

2019年8月19日発売の週刊少年ジャンプ38号を読みました!
アクタージュ最新話77話も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けします。


Sponsored Links




前回は・・・

舞台羅刹女の稽古が進んでいく・・・
山野上花子が描いた羅刹女の怒りの物語。
それが今回の舞台羅刹女・・・

特に稽古に熱を発散するのは千世子と阿良也の組で
共演者の和歌月は千世子の演技に見惚れるような感想を漏らすが
千世子自身は冷静に

 

自分と夜凪がどちらがいいか
と和歌月に問いただす。
その質問にすぐに千世子だと答えられなかった和歌月。

その和歌月の反応が全て・・・
空港での夜凪は神懸っていた。

神懸った夜凪の羅刹女に勝つために千世子は黒山を自分の部屋に呼び出し
夜凪に勝つ方法を探り続ける。

 

黒山はそんな千世子が内に
夜凪に対する怒りの炎を宿していることに気が付き・・・

前回詳しくは
アクタージュネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

アクタージュ【77話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!78話の考察も!


次話ネタバレ公開
アクタージュ78話ネタバレ




では、早速行ってみましょう!

アクタージュ【77話】最新話のネタバレとあらすじ

舞台『羅刹女』

阿良也、千世子組
王賀美、夜凪組
各々の組が稽古を進めていく中
その白熱具合もどんどん増していく。

舞台本番まで2か月と迫っていた頃
各々の組では殺陣の稽古が始まっていた・・・

 

本格的な殺陣師の指導の下稽古に励む夜凪と王賀美。
その様子をじっと見つめる山野上花子・・・

 

王賀美は夜凪と剣をかわし
いくつも打ち合うと
その合間にセリフを絡めて夜凪に迫る。

 

剣技とセリフ・・・
その存在感と迫力。

これこそが王賀美の真骨頂。
その圧力を受け続けた夜凪は

なんども剣を打ち合う内に・・
その力の翻弄され

そのまま腰を落としてしまう・・・

 

崩れ落ちるように腰を落とした夜凪・・・

 

実は夜凪が腰を落としてしまうのは初めてではない・・・
拮抗した場面。
王賀美が演じる孫悟空と羅刹女の殺陣のシーン。

しかし、何度やっても王賀美の圧に押し負けてしまう夜凪。

 

その様子をじっと見つめる花子・・・

殺陣の稽古に入ってミスが多くなってきた夜凪に
表面上は何も言わないものの、

 

花子は夜凪の様子に内心心配していて・・・

 

王賀美は王賀美で夜凪の様子をしっかり観察し
何が原因か分かっている・・・

 

集中力不足・・・
夜凪が自分の役・・羅刹女に悩みながら演じていることを王賀美はきちんと理解していて・・・


Sponsored Links





続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です