アクタージュ79 最新話のネタバレ、あらすじと感想!80話の考察も!


夜凪のいない稽古場

 

花子は稽古場で苛立っていた・・・
千世子の演技は、花子が演出する夜凪よりも自分の思い描く羅刹女に近かった。
自分の作品だと自負する羅刹女・・・
なのに・・・

Sponsored Links



 

稽古場を見学した千世子の羅刹女は
自分の思い描く羅刹女に近くて・・・
一方自分が演出するはずの夜凪は迷いと共に
羅刹女から遠ざかっていく・・・

 

苦悩・・・そして苛立ち・・・
花子は焦燥感にも似た感情で稽古場を過ごしていて・・・

 

当の夜凪はというと・・・

その日は一人で稽古すると言って
稽古場には現れていなかった・・・

 

千世子と夜凪は元々仲が良かった。
なのに千世子は夜凪への怒りで羅刹女を演じる原動力にしていて、
稽古場で夜凪をものすごい勢いで睨み付けた・・・

 

夜凪が傷ついて
もう戻ってこないんじゃ・・・

サイド乙のメンバーの心配・・・
それを聞いた花子はとりあえず夜凪の元に様子を見に行くことにして・・・

 

夜凪の家

夜凪の家に様子を見に訪れた花子。
夜凪はずっと一人で映画を観つめていて・・・

 

映画を観るというよりは
映画の画面をただ見つめている。
そんな様子をずっと繰り返す夜凪。

 

夜凪の言う稽古。
映画をずっと見つめること。

 

弟たちがは花子に
夜凪は昔に戻ったようだと告げる。

 

昔の夜凪・・・
夜凪の父の家・・・
そうか・・・ここは<あの人>の家。

たしかに彼の好きそうなラインナップの映画ばかりだ・・・

 

花子は夜凪の家のビデオのラインナップをみてそんなことを考える・・・

 

そこに夜凪が花子が家に来たことに気が付いて・・・

 

 

一緒に夕食を作ることになった花子と夜凪。
二人はキッチンに並んで夕食作りと共に
夜凪の演技について話し合う。

 

夜凪は羅刹女の演技を映画を参考にしようとしたわけではなかった・・・

自分が映画を観るようになったころを思い出したい。
それは・・・
自分の母親が亡くなった悲しさを紛らわすために観ていたと思っていた。
夜凪自身も・・・

 

でも違った・・・
悲しみを紛らわす為なんかじゃない・・・
夜凪は・・・
ずっとあいつへの怒りを忘れるために映画を観ていた・・・

 

花子の脳裏に
<あいつ?>
という疑問が浮かぶがそこで話の腰を折るようなことはしない・・・

 

夜凪は続ける・・・

 

映画を観ること
それによって忘れていく・・・
映画に満たされることで薄れていくあいつへの憎しみ・・・怒り・・・

それを過去観ていた映画を観ることで思い出す作業だと・・・

 

花子は夜凪が<あいつ>と表現する人物が夜凪の父親だと気が付いている・・・

 

そして・・・
夜凪が実の父親への憎しみを思い出す事で
その怒りを原動力に羅刹女を演じようとしていることに気が付いて・・・

 

必死に忘れたはずの忌まわしい記憶。
それを思い出す事が夜凪にとってプラスに働くのか・・・?

 

夜凪を止めようとしてふと夜凪を見る花子。
そこには包丁を持って笑う夜凪がいた。

 

いつもの笑顔ではない・・・何かを笑顔で抑え込むかの様な・・・
そんな笑顔。

笑っているのは口元だけ・・・目は怒りの色を宿している。

 

父親への怒り・・・
自分の住む家が
父親の忌まわしい記憶に塗れている。
その事を思い出した夜凪。

 

その表情は怒りを表面に浮き上がらせて演じる千世子とは違う
凄まじい情炎を宿していて・・・

 

その夜凪の表情を見た花子は・・・

 

 

花子の自信

記者会見の舞台袖。
三週間前の夜凪の表情を見た花子は確信していた。

 

舞台を袖から見つめる黒山と花子・・・
隣にいる黒山に花子は

 

舞台が楽しみだと笑顔で告げていて・・・

Sponsored Links



 

アクタージュ79 最新話の感想!

圧倒的な迫力で怒りを表現する千世子に対して
情炎の様に静かなる怒りを燃え上がらせる夜凪。

またしても二人の対照的な演技が羅刹女を面白くしそうですね^^
その夜凪が情炎とも言える怒りの感情に
持前の想像力からのエネルギーを変換させられるようになったら
どんな羅刹女になるのか・・・

 

とても楽しみですね!

しかし、演出家の花子・・・
結構クールなのかと思いきや、
自分の演出よりも黒山の演出する千世子の方が思い描く羅刹女に近いと
平気で怒りをあらわにしたり・・・

 

結構直情系ですね・・・

 

そんな直情系の花子が
黒山を前にしてクールを装っていられるということは・・・


夜凪の仕上がりがものすごくいい証拠だと思えるわけで・・・

 

これは本番が楽しみですよね!

アクタージュ80話ネタバレ考察!

さてアクタージュ80話ですが・・・ついに開幕でしょうか!

舞台『羅刹女』
ダブルキャストでそのキャストは今後の俳優としての人生をかけた戦い。

おそらく開幕は千世子側のサイド乙で開幕するのではないかと思うのですが・・・
どうなんでしょうか・・・?
千世子の演技をまず世間に見せた後で
夜凪の羅刹女・・・

 

そういう流れになると思うんですが・・・
はたして・・・

 

次回アクタージュ80話は
2019年9月9日発売の週刊少年ジャンプ41号に搭載予定です。

 

 
次話ネタバレ公開
アクタージュ80話ネタバレ

 

 

まとめ

以上、アクタージュ【79話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!80話の考察も!の記事でした!

漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

↓↓↓↓↓↓↓↓↓こちらを使ってもマンガが無料で読めますよ↓↓↓↓↓↓↓↓↓


アクタージュ【79話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!80話の考察も!
 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です