アクタージュ84話最新話のネタバレ、あらすじと感想!85話の考察も!

2019年10月7日発売の週刊少年ジャンプ45号を読みました!
アクタージュ最新話84話も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けします。

Sponsored Links



前回は
夜凪の父親と不倫関係にあった・・・
開幕本番直前にそう夜凪に切り出した花子。
怒りに燃える夜凪は
その怒りをなんとか舞台の羅刹女に生かそうを意識を
舞台に持っていこうとするが・・・

そのあふれ出る怒気に観客は・・・

前回詳しくは
アクタージュネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

アクタージュ【84話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!85話の考察も!

次話ネタバレ更新
アクタージュ85話ネタバレ


では、早速行ってみましょう!

アクタージュ【84話】最新話のネタバレとあらすじ

夜凪は舞台上でも母を想い続けた・・・

お母さんが泣いたり怒ったりしていることろを見たことがない・・・
一度も・・・

お母さんは神様みたいに優しくて、いつも笑っていた・・・

 

 

でも・・・それを・・・あの女は・・・

お母さんがあれほどに愛して
そして想っていたというのに、一番傍に居て欲しいという時に
あの女と一緒にいたお父さん・・・

 

死ぬ間際まで
笑顔で
”お父さんを許してあげてね”

 

そう言っていたお母さん・・・

 

お母さんは最後までお父さんを愛していた・・・

 

夜凪の頭に母の記憶が・・・
そして花子の言葉が堂々巡りでよぎり続ける

 

 

”ああ・・腹が立つ・・・腹が立つ”

 

その感情が羅刹女のセリフとなって夜凪の口から吐かれていく。

 

この怒りどうしてくれよう・・・

 

夜凪と羅刹女の感情が見事なまでに一致していき、
その感情が会場を一気に染め上げていく。

 

観客はその夜凪の姿に息を飲み・・・
そして誰もが夜凪から目を離す。

 

そんな異様な光景が会場で繰り広げられていて・・・

 

 

それをまだ舞台に出ていない共演者
市子、武光は何も言えないままにモニターを見つめていて・・・

 

唯一、王賀美だけが
その夜凪の演技を満足そうに見つめる。

 

 

夜凪の今の感情をそのまま羅刹女に落とし込む
その演技に焦りと感嘆で見つめる武光。

 

だがベテランの白石は
その夜凪の演技が一触即発
まさにギリギリの綱渡りの演技に見えていて・・・

 

そして何より・・会場強張り・・・
このままでは・・とても芝居を楽しんでみている状況ではない・・・

 

 

舞台を観に来ていた女の子・・・
その空気に当てられて・・今にも泣きだそうな様子で・・・

その女の子に
夜凪が視線を向ける・・・

 

必死に嗚咽を漏らすまいと必死に口を押さえて耐える女の子・・・

 

観客席にまで夜凪の影響が介入していっていて、
その佇まいはまさに神の如き存在感。

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です